2020年7月22日水曜日

2020年7月20日 英国の花束加工と感染症

BBCニュース → Outbreak of Covid-19 at Alconbury flower and fruit distributor



『フローラルダイアリー』より

UK: Outbreak of Covid-19 at flower distributor
Fresh fruit and flower suppliers to major supermarkets in the UK have had an outbreak of Covid-19, public health officials have confirmed.

MM Flowers and AM Fresh UK, based on one site in Alconbury, Cambridgeshire, have seen 26 employees test positive.

The firms, which employ 550 full-time staff and 300 agency workers, said they were working with Public Health England to trace the source of the outbreak.

Read more at BBC News


Publication date: Tue 21 Jul 2020


---

<自動翻訳>

イギリス:花のディストリビューターのCovid-19(新型感染症)の発生
英国の主要スーパーマーケットへの新鮮な果物と花の供給業者は、Covid-19の発生を経験している、と公衆衛生当局は確認しました。

ケンブリッジシャー州アルコンベリー​​にある1つのサイトに基づくMMフラワーズとAMフレッシュUKは、26人の従業員が陽性反応を示しました。

550人のフルタイムスタッフと300人のエージェンシーワーカーを雇用している企業は、発生源を追跡するために英国保健省と協力していたと語った。



------
<BBCニュースの自動翻訳>

主要なスーパーマーケットへの新鮮な果物と花の供給業者がCovid-19の発生を経験したと、公衆衛生当局は確認しました。

ケンブリッジシャー州アルコンベリー​​にある1つのサイトに基づくMMフラワーズとAMフレッシュUKは、26人の従業員が陽性反応を示しました。

550人のフルタイムスタッフと300人のエージェンシーワーカーを雇用している企業は、発生源を追跡するために英国保健省と協力していたと語った。

イギリスの公衆衛生局は、後で声明を発表すると述べた。

花会社の広報担当者は、次のように述べています。「多くの組織と同様に、AMフレッシュUKとMMフラワーは、人々の安全と生鮮品と切り花を提供する彼らの継続的な運営を確保するために広範な措置を講じてきました。

「どちらの企業も、Covid-19の安全なサイトを作成するために、すべての政府のガイドラインに従ってプロセスを調整しています。」

画像のキャプション
企業は550人のフルタイムのスタッフと300人の代理店労働者を雇用しています
「対策には、社会的距離、広範囲な衛生慣行(両方の事業の梱包施設を含む、手が届き、交通量の多い場所の深い清掃)、福祉エリア内の一方向システム、ずらしたシフト、パースペックススクリーン、顔の覆いなどが含まれます。感染のリスクに対する緩和策。」

これらの企業は、「予防策」としてすべてのスタッフをテストすることを計画しています。

MMフラワーズで最近報告された陽性テストは7月18日で、7月10日はAMフレッシュ英国内でした。

ケンブリッジシャー郡評議会の公衆衛生局長、リズロビン博士は次のように述べています。「MMフラワーズでは、Covid-19に対して陽性反応を示し、工場とスタッフ、イギリスの公衆衛生局、ハンティンドンシャー地区評議会の環境と緊密に連携している多くのスタッフを認識しています。健康チームが支援を提供し、ウイルスの蔓延を制限します。」


2020年5月19日火曜日

2020年5月18日、FD記事より

■2020年5月18日、フローラルダイアリーより


→ (原文)
■Corona crisis: country updates
In this article you will find an update from the Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality (LNV), who are involved in the crisis measures surrounding the Coronavirus and informs Royal FloraHolland about the impact of the virus on the export market. This update is from May 15.

The Netherlands
The corona crisis is also having a major impact on the energy market: gas and electricity prices are unprecedentedly low, partly due to a drop in demand. In response to this, many growers are recording gas and electricity for the coming years. In addition, entrepreneurs who do not have their energy positions in order are losing more for their energy in these times. The corona crisis led to a free fall in energy prices in mid-March. Both gas and electricity prices have been extremely low since then. In the day-ahead market over 5 cents is currently paid per m³ of gas, in the long-term market 14 to 15 cents per m³. Electricity prices on the day-ahead market are currently around 20 euros per MWh; in the long term they will be 40 to 45 euros per MWh. A few weeks ago, there were even some negative electricity prices; something that had never happened before. The declining energy demand as a result of the corona crisis plays an important role in all this. (Source: Under Glass, 07-05-2020)

On May 12th 2020, International Nursing Day with this year's 200th anniversary of Florence Nightingale, nurses and carers will take centre stage. Precisely on this day Suspended Bouquets will be launched, a collaboration of V&VN, Topbloemen.nl and FleuraMetz. The movement stands for the cooperation between consumer, florist and charity/initiative. Symbolically, V&VN chairman Gerton Heyne donated a bouquet to nursing home nurse Marita de Kleijne on the Day of Nursing.

Suspended Bouquets was created to thank nurses and carers for their efforts against the coronavirus, without forgetting the craft of growers and florists. Nurses and caregivers deserve a flower, but the growers of these flowers and florists have been hit hard by the corona crisis. They want to contribute, but also have to earn money. That is why FleuraMetz came up with the initiative to be able to donate flowers and at the same time to let the grower and florist do business in a healthy way. (Source: Floranews, 08-05-2020)

Germany
The number of people in Germany infected with the coronavirus in the last 24 hours is 357. That number is falling sharply. In Germany, the Länder prefer to determine the corona policy themselves, all the more so because they find the government in Berlin far too hesitant when it comes to removing the lockdown. In the Länder of North Rhine-Westphalia (NRW) and Lower Saxony, which border the Netherlands, the previously initiated easing is continuing at a rapid pace. On Monday, for example, all shops, large and small, will open again. Cafes, restaurants and beer gardens also reopen, but small pubs, clubs and discotheques generally remain closed. In North Rhine-Westphalia, education continues to normalise and stays in holiday centres and campsites are permitted. Lower Saxony also opens the doors of holiday centres. On 21 May, tourists in NRW must be able to stay in hotels again, in Lower Saxony on 25 May. (Source: De Limburger, 11-05-2020)

Germany will relax border controls with Luxembourg, France, Switzerland and Austria. The German Minister of the Interior, Horst Seehofer, also expressed the wish to allow free movement within the European Union again in mid-June, provided that everyone complies with distance and hygiene regulations. (Source: Nu.nl, 13-05-2020)

UK
The National Farmers' Union (NFU) and the Horticultural Trades Association (HTA) are intensifying their joint lobby for a financial support measure for the floriculture sector, again taking the Netherlands as an example. The aim is to implement a compensation scheme as soon as possible, as the Dutch government has done with its growers. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality, 11-05-2020)

The branch organisation Horticultural Trades Association (HTA) welcomes the reopening of the garden centres - 70% of the plants are sold in the peak season of March-June - but despite the good news still wants a compensation scheme from the government: "A simple Dutch-style compensation scheme will help save our horticulture sector". (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 12-05-2020)

On Monday, May 11 2020, the government announced that the garden centres can be opened as of May 13. Garden centres in England reopened on Wednesday 13 May 2020, while those in Wales will be open from Monday 11 May 2020. In Scotland and Northern Ireland the garden centres will remain closed for the time being. The Scottish Prime Minister has suggested that an announcement on the reopening of garden centres could be made next weekend, while Northern Ireland will also reopen garden centres in the first phase of its plan, but no date has yet been given for this. (Source: Independent, 13-05-2020)

France
Research on sentiment among florists and garden centres in France during the lock down; in the period of 21-27 March 2020, sentiment in the sector has been researched on a daily basis in France. The research question is: how do garden centres, florists and their suppliers react to the 1st week of the lock down. The results of the daily survey in short: anxiety dominates permanently, anxiety and anger decrease, negative feelings are largely dominant, even if anxiety dominates, hope seems to return. (Source: JAF-info, 13-05-2020)

Kenya
There is a great demand for flowers for Mother's Day in the Netherlands and surrounding countries; however, for Kenyan growers it is a challenge to transport their products to the Netherlands. In Kenya only 25% of the air freight capacity is available. This increases the freight costs and therefore the price of roses, for example. (Source: Floral Daily, 08-05-2020)

The Kenyan Minister of Transport, James Macharia, has approached 12 airlines so that - in addition to the efforts of the national airline Kenya Airways - the export of horticultural products remains possible during the COVID-19 pandemic. (Source: CGTN Africa, 08-05-2020)

Farmers are expected to lose up to KES 51 billion (€445 million) as a result of a decline in exports of horticulture, tea and coffee in the 4 months with Corona restrictions. The (export) demand for horticultural products is increasing, but there is insufficient cargo capacity and airlines charge high freight rates. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 11-05-2020)

There is less supply of flowers from Kenya because growers do not want to pay the expensive air freight prices. (Source: RFH, 11-05-2020)

Network Aviation Group has added extra B747F capacity to meet the demand for Mother's Day flowers from Nairobi. The aircraft was loaded with 100 tons of fresh cut flowers up to its maximum payload on its way to Liege for further transport through Europe. (Source: Floral Daily, 12-05-2020)

On the occasion of 'Nurses week' and '2020 Year of the Nurse and Midwife' flowers were distributed to nurses in health centres on Monday. This was organized by the Kenya Healthcare Federation through Kepsa in cooperation with Elgon Kenya and the Kenya Flower Council. (Source: The Star, 12-05-2020)

Dozens of flower farms in Naivasha have been flooded after a sharp rise in the water level of Lake Naivasha. Greenhouses with flowers worth millions of Shilling are flooded, and many fear that the damage could rise further if the lake's water levels continue to rise. (Source: Standardmedia, 12-05-2020)

Ethiopia
The Ministry of Agriculture indicates that Ethiopia has realized nearly 400 million US dollars in exports of horticultural products in the last nine months. According to the Ministry, the export of flowers is picking up again because some countries are easing coronavirus restrictions. Almost 50 to 60 percent of the flower companies have started to export their products again. (Source: Fanabc, 11 May 2020)

Italy
Italian growers' association is sounding the alarm; growers in the region of Pistoia, Italy, are eager for financial support. Francesco Mati, president of Associazione Vivaisti Italiani, appeals to the Italian government and local authorities. In the last 2 months the commercial activities of nurserymen have stagnated as a result of the Corona virus emergency. On average, these still amount to 10 to 20 percent of last year's turnover. "A domino effect is imminent in this district."

The nursery district of Pistoia is one of the concentration areas of ornamental plant production in Italy. According to the Italian Chamber of Commerce, 1,450 companies were established in this region in 2019, with a combined production of 6,000 hectares. This provided work for approximately 6,000 employees. Last year, these companies had a combined turnover of 733 million euros, of which approximately 500 million came from exports. This export was in an upward trend in recent years, last year it increased by 7%.

With the corona and the resulting emergency in Italy and abroad, everything has changed. "In the last 2 months", Francesco Mati explains, "the commercial activities of the companies have practically stopped: in some cases this resulted in only 10% turnover compared to last year, in others in 20% or 30% and some companies have dropped to zero. This decline is more or less equally distributed between small, medium and large companies". An acute liquidity crisis is in the making. In addition to the loss of income, bureaucracy is a problem, government support has been pledged but no action has yet been taken. Moreover, Mati concludes, banks are keeping a hand on the cut. (Source: Associazione Vivaisti Italiani, 12-05-2020)

Switzerland
Since the relaxation measures (opening of garden centres, flower shops and retailers) there has been a strong increase in demand for flowers. During the lockdown phase, more people than ever would have bought online from flower shops. The Swiss florists' association suspects that this trend may continue at least in part in the future. Retail sales are again going surprisingly well. Significantly fewer flowers could be imported by Corona (e.g. from NL). The Swiss producers benefit from this: 'Swiss flowers are currently going through a rebirth', says the florist. There is currently an exceptionally high demand for tulips or gerberas. (Source: Aargauer Zeitung, 12-05-2020)

Bulgaria
At the end of May MinAgri will announce how the horizontal support measure COVID-19 will work. The measure will compensate farmers for the loss of income resulting from the crisis and will be distributed after the harvesting period of each crop, when the losses can be accurately calculated. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 08-05-2020)

Ecuador
With the emergency measures the flower market collapsed. In May a few shipments were made for Mother's Day, but still the sector works with a capacity of 10% or 20%. The export of flowers is between 60 and 70 million dollars per month under normal circumstances, but now between the second half of March and the first of April exports would have dropped to about 10 million dollars. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of LNV, 08-05-2020)

Japan
Consumption of cut flowers is recovering, both in terms of price and volume. The prices of cut flowers have risen for six consecutive days, by 71 yen each, 3 yen higher than the average price over the last five years. This is a significant recovery compared with April, when the average price for a cut flower was between 30 and 39 yen. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 08-05-2020)

Source: Royal FloraHolland


Publication date: Mon 18 May 2020

-------
(自動翻訳)
■コロナ危機:国の更新
この記事では、コロナウイルスを取り巻く危機的対策に関与し、ロイヤルフローラホランドにウイルスの輸出市場への影響について情報提供している農業自然食品省(LNV)の最新情報を紹介します。この更新は5月15日からです。

オランダ
コロナ危機もエネルギー市場に大きな影響を及ぼしています。ガスや電力の価格は、需要の減少もあり、かつてないほど低価格です。これに対応して、多くの生産者は今後数年間ガスと電気を記録しています。さらに、エネルギーの地位が整っていない起業家は、これらの時代に彼らのエネルギーのためにより多くを失っています。コロナ危機により、3月中旬にエネルギー価格が自由に下落しました。それ以来、ガスと電気の両方の価格が非常に低くなっています。前日市場では、現在、ガス1m³あたり5セント以上が支払われており、長期市場では、m³あたり14〜15セントです。前日市場の電力価格は現在、MWhあたり約20ユーロです。長期的には、MWhあたり40〜45ユーロになります。数週間前、マイナスの電気料金さえありました。今までになかったこと。コロナ危機の結果として減少するエネルギー需要は、これらすべてにおいて重要な役割を果たしています。(出典:Under Glass、07-05-2020)

2020年5月12日、今年はフローレンスナイチンゲールの200周年を迎える国際看護デーで、看護師と介護者が中心となります。この日に正確に、V&VN、Topbloemen.nl、およびFleuraMetzのコラボレーションによるSuspended Bouquetsが発売されます。この運動は、消費者、花屋、慈善団体/イニシアチブの間の協力を表しています。象徴的に、V&VNの会長であるGerton Heyneは、特別養護老人ホームの日に、特別養護老人ホームマリタデクライネに花束を寄付しました。

Suspended Bouquetsは、生産者や花屋の技術を忘れずに、看護師や介護者にコロナウイルスに対する取り組みに感謝するために作成されました。看護師や介護者は花に値しますが、これらの花の生産者や花屋はコロナ危機に強く打たれています。彼らは貢献したいがお金も稼がなければならない。そのため、FleuraMetzは、花を寄付できると同時に、栽培者と花屋が健全な方法でビジネスを行えるようにするという構想を思い付きました。(出典:Floranews、08-05-2020)

ドイツ
過去24時間にドイツでコロナウイルスに感染した人の数は357人です。その数は急激に減少しています。ドイツでは、レンダーは自分自身でコロナ政策を決定することを好みますが、それでもなお、彼らはベルリンの政府がロックダウンの解除に関してあまりにも躊躇しているためです。オランダと国境を接するノルトラインヴェストファーレン州(NRW)とニーダーザクセン州では、以前に開始された緩和が急速に進んでいます。たとえば月曜日には、大小を問わずすべてのショップが再びオープンします。カフェ、レストラン、ビアガーデンも再開しますが、小さなパブ、クラブ、ディスコは通常閉鎖されたままです。ノルトラインヴェストファーレンでは、教育は正常化し続け、ホリデーセンターやキャンプ場での滞在は許可されています。ニーダーザクセン州はまた、ホリデーセンターの扉を開きます。5月21日 NRW州の観光客は、5月25日にニーダーザクセン州のホテルに再び滞在できる必要があります。(出典:De Limburger、11-05-2020)

ドイツは、ルクセンブルク、フランス、スイス、オーストリアとの国境管理を緩和します。ドイツのホルストゼーホーファー内務大臣も、6月中旬に欧州連合内で自由に移動できるようにしたいとの意向を表明しました。(出典:Nu.nl、13-05-2020)

英国
全国農民組合(NFU)と園芸貿易協会(HTA)は、再びオランダを例にとって、花き栽培部門への財政支援策に関する共同ロビーを強化しています。その目的は、オランダ政府が生産者に対して行ったように、できるだけ早く補償制度を実施することです。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業自然食品省、2020年11月5日)

支部組織である園芸貿易協会(HTA)は、園芸用品センターの再開を歓迎しています。植物の70%は3月から6月のピークシーズンに販売されていますが、良いニュースにも関わらず、政府からの補償制度が望まれています。オランダ式の補償制度は、私たちの園芸セクターを救うのに役立ちます。」(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、12-05-2020)

2020年5月11日月曜日に、政府は園芸センターを5月13日の時点で開くことができると発表しました。イングランドの園芸センターは2020年5月13日水曜日に再開し、ウェールズの園芸センターは2020年5月11日月曜日から営業します。スコットランドと北部アイルランドガーデンセンターは当面は閉鎖されます。スコットランドの首相は、ガーデンセンターの再開に関する発表は来週末に行われる可能性があることを示唆しているが、北アイルランドもその計画の最初の段階でガーデンセンターを再開する予定であるが、これについての日付はまだ与えられていない。(出典:独立、2020年5月13日)


ロックダウン中のフランスのフローリストとガーデンセンターの間の感情に関するフランスの調査。2020年3月21日から27日までの期間、このセクターの感情はフランスで日常的に調査されてきました。研究の質問は、園芸用品センター、花屋、そのサプライヤーは、ロックダウンの最初の週にどのように反応するかです。要約すると、毎日の調査の結果:不安は永続的に支配し、不安と怒りは減少し、否定的な感情は主に支配的です。不安が支配しても、希望は戻ってきたようです。(出典:JAF-info、13-05-2020)

ケニア
オランダと周辺国では母の日の花への大きな需要があります。しかし、ケニアの生産者にとって、製品をオランダに輸送することは困難です。ケニアでは空輸能力の25%しか利用できません。これにより、運賃が高くなり、たとえばバラの価格が高くなります。(出典:フローラルデイリー、08-05-2020)

ケニアの運輸大臣であるジェームズマカリアは、12の航空会社にアプローチしました。これにより、国営航空会社であるケニア航空の取り組みに加えて、COVID-19パンデミックの間も園芸製品の輸出が可能です。(出典:CGTNアフリカ、08-05-2020)

農家は、コロナ制限のある4か月間の園芸、紅茶、コーヒーの輸出の減少の結果として、最大で510億KESを失うと予想されています。園芸製品の(輸出)需要は増加していますが、貨物容量が不十分であり、航空会社は高い運賃を請求しています。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、11-05-2020)

生産者は高価な航空運賃を支払うことを望まないため、ケニアからの花の供給は少なくなります。(出典:RFH、11-05-2020)

Network Aviation Groupは、ナイロビからの母の日の花の需要を満たすために、追加のB747F容量を追加しました。航空機には、100トンの新鮮な切り花が最大積載量まで積載され、ヨーロッパへの輸送のためにリエージュに向かいました。(出典:Floral Daily、2020年12月5日)

月曜日には、「ナースウィーク」と「2020年ナースと助産師の年」の花がヘルスセンターのナースに配られました。これは、エルゴンケニアおよびケニアフラワーカウンシルと協力して、ケプサを通じてケニアヘルスケアフェデレーションが主催しました。(出典:The Star、12-05-2020)

ナイバシャ湖の水位が急激に上昇した後、ナイバシャの何十もの花畑が氾濫しました。何百万ものシリングに値する花が咲く温室が氾濫しており、湖の水位が上昇し続けると被害がさらに増加するのではないかと多くの人が恐れています。(出典:Standardmedia、12-05-2020)

エチオピア
農業省は、過去9か月間に園芸製品の輸出で約4億米ドルを実現したことを示しています。省によると、一部の国ではコロナウイルスの規制が緩和されているため、花の輸出は再び回復しています。花の会社のほぼ50から60%は彼らのプロダクトを再度輸出し始めました。(出典:Fanabc、2020年5月11日)

イタリア
イタリアの生産者協会が警鐘を鳴らしている。イタリアのピストイア地域の生産者は、財政支援を熱望しています。Associazione Vivaisti Italiani会長のFrancesco Matiは、イタリア政府と地方自治体に訴えます。過去2か月間で、コロナウイルスの緊急事態の結果として、保育士の商業活動は停滞しています。平均すると、これらは依然として昨年の売上高の10〜20%に達します。「この地区ではドミノ効果が差し迫っています。」

ピストイアの苗床地区は、イタリアの観葉植物生産の集中エリアの1つです。イタリア商工会議所によると、2019年にこの地域で1,450社が設立され、合わせて6,000ヘクタールの生産が行われました。これにより、約6,000人の従業員に仕事が提供されました。昨年、これらの企業の総売上高は7億3,300万ユーロに上り、そのうち約5億ユーロが輸出に由来しています。この輸出は近年増加傾向にあり、昨年は7%増加しました。

コロナとそれに伴うイタリア内外の緊急事態により、すべてが変化しました。「過去2か月間」、Francesco Mati氏は次のように説明しています。「企業の商業活動は実質的に停止しました。場合によっては、昨年に比べて売上高が10%にすぎず、他の企業では20%または30%でした。この低下は、多かれ少なかれ、中小企業と大企業の間で均等に分配されます。」深刻な流動性危機が生じています。収入の損失に加えて、官僚主義が問題であり、政府の支援が公約されていますが、まだ何の行動も取られていません。さらに、マティは結論として、銀行は削減に手を差し伸べています。(出典:Associazione Vivaisti Italiani、12-05-2020)

スイス
緩和策(園芸用品センター、フラワーショップ、小売店の開設)以降、花の需要は大幅に増加しています。ロックダウン段階では、これまで以上にフラワーショップからオンラインで購入する人が増えていました。スイスの花屋協会は、この傾向が少なくとも部分的には今後も続くかもしれないと疑っています。小売売上高もまた驚くほど順調です。コロナが輸入できる花の数は大幅に少なくなります(例:NLから)。スイスの生産者はこれから利益を得ます:「スイスの花は現在再生中です」と花屋は言います。現在、チューリップやガーベラの需要は非常に高いです。(出典:Aargauer Zeitung、12-05-2020)

ブルガリア
5月末に、MinAgriは水平サポートメジャーCOVID-19がどのように機能するかを発表します。この措置は、危機による収入の損失を農家に補償し、損失を正確に計算できる場合は、各作物の収穫期間後に配布されます。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、08-05-2020)

エクアドル
緊急措置により、花市場は崩壊しました。5月には母の日にいくつかの出荷が行われましたが、それでもセクターは10%または20%の容量で稼働しています。花の輸出は通常の状況では月額6千万〜7千万ドルですが、現在3月後半から4月1日までの輸出は約1000万ドルにまで落ち込んでいたでしょう。(出典:LNVの農業アタッシェネットワーク省、08-05-2020)

日本
切り花の消費は、価格、数量ともに回復傾向にあります。切り花の価格は過去5年間の平均価格より3円高い71円ずつ、6日間連続で上昇しています。切り花の平均価格が30〜39円の4月に比べて大幅な回復。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、08-05-2020)

出典:Royal FloraHolland


発行日: 2020年5月18日

2020年5月9日土曜日

5/8 1.5-metre society オランダのフローラルダイアリーより



(自動翻訳)時計はセリのこと、
■Royal FloraHollandは危機の回復に焦点を当てています
5月6日のRoyal FloraHollandでの総売上高(時計と直接)は、2,416万ユーロに上ります。昨年の同じ日(2019年5月8日水曜日)と比較すると、11.1%減少しています。

クロックターンオーバーは936万に達しました。昨年の同じ日に比べて19.4%減です。時計には合計2440万ユニット以上が供給されています。供給のうち、0.8%は未販売のままです(0.7%が切り花、1.5%が観葉植物、0.3%が園芸植物)。

新しいフェーズ:危機の回復
コロナの危機はま​​だ終わっていませんが、焦点はシフトしています。1.5メートル社会に適応する必要があります。ビジネスにおいても私生活においても、常に適切な距離を保つ社会。これは、Royal FloraHollandで現在行われている安全対策が当面の間維持されることを意味します。

Royal FloraHollandは現在、危機の最中およびその後の回復により重点を置く予定です。彼らはこの危機の回復を呼びます。これにより、彼らはセクターと会社のために新しい安定した健康的な状況を構築したいと考えています。2020年5月1日金曜日以降、危機管理チーム(CMT)はコロナ復旧チームに変わりました。CMTと同様に、このチームは最高商業責任者(CCO)のRuud Knorrが率いており、運用と商業の2つの方針があります。チームは、中期的な問題と、コロナ危機以降の新しい市場ニーズに既存のサービスで会社がどのように対応できるかを分析します。サービスはこれらのニーズに適合させる必要があります。

詳細情報:
Royal FloraHolland
www.royalfloraholland.com


----------原文-----
Royal FloraHolland focuses on crisis recovery
On May 6, the total turnover (clock and direct) at Royal FloraHolland amounted to 24.16 million euros. That is 11.1% less compared to the same day last year (Wednesday 8th May 2019).

The clock turnover amounted to 9.36 million. That is 19.4% less compared to the same day last year. A total of more than 24.4 million units have been supplied for the clock. Of the supply, 0.8% has remained unsold (0.7% cut flowers, 1.5% houseplants and 0.3% garden plants).

A new phase: Crisis recovery
Even though the corona crisis isn't over yet, the focus is shifting. We have to adapt to the 1.5-metre society. A society in which we always keep an appropriate distance from each other, both in business and in private life. This means that the safety measures that have now been taken at Royal FloraHolland will be maintained for the foreseeable future.

Royal FloraHolland is now going to focus more on recovery, during and after the crisis. They call this crisis recovery. With this they want to build a new stable and healthy situation for the sector and the company. Since Friday 1st May 2020, the Crisis Management Team (CMT) has been transformed into the Corona Recovery Team. Like the CMT, this team is headed by Chief Commercial Officer (CCO) Ruud Knorr and follows a 2-track policy: operational and commercial. The team analyses the medium term and how the company can respond with existing services to new market needs in and after the corona crisis. Services will have to be adapted to these needs.

For more information:
Royal FloraHolland
www.royalfloraholland.com


Publication date: Fri 8 May 2020

2020年4月22日水曜日

4/20 フローラルダイアリーが伝えるコロナ危機と花

■自動翻訳
コロナ危機; 国の更新
この記事では、コロナウイルスを取り巻く危機対策に関与し、輸出市場へのウイルスの影響についてRoyal FloraHollandに知らせる農業自然食品省(LNV)からの最新情報をご覧いただけます。

オランダ
4月16日、下院全体がCDAとVVDによる季節的セクターと連携した特定の人件費スキームに到達するという提案に合意しました。衆議院は、クールミーズ大臣(SZW)に対し、季節的セクターのための別の計画を策定するよう要請する。LTOネダーランドは、SZWとLNVの大臣との会談を継続し、季節的な離職率のある企業が適切な人件費制度で迅速に支援されるようにします。(出典:De Bloemisterij貿易ジャーナル、2020年4月17日)

ラボバンクのセクタースペシャリストは、2019年の同時期と比較して、切り花の売上高が第2四半期に約70%、2020年の第3四半期に約40%減少すると予測しています。花球根事業では、売上高の減少が続くと予想しています最も長く、第4四半期には15%の減少が見込まれます。「コロナ危機は食糧と農業に影響を与える」という報告の中で、ラボバンクは、コロナウイルスの蔓延を抑制するために講じられたすべての措置により、農業と園芸のほぼすべてのセクター、特にホテルを提供する装飾品と企業の売上高が大幅に減少したと書いています。レストランやケータリング業界。オランダの切り花、植物、球根、樹木のうち約80%が輸出向けです。国は観賞植物栽培を重要なセクターとして分類していません、直接的な結果として、輸出は大幅に削減されました。さらに、ラボバンクによると、花の需要もお祭りの減少のために減少しています。花や植物の販売にとって非常に重要なのは、まさに3月から5月のピーク期間です。したがって、コロナ対策は、出発材料、生産、オークション、貿易、小売のチェーン全体に影響します。(出典:Floranews、17-04-2020)

観賞植物製品の輸出は、多くのヨーロッパ諸国でコロナウイルスが原因でロックダウン後に実質的に停滞しましたが、現在、花き栽培者協会卸売業者(VGB)のMatthijs Meskenによると、再び回復しています。「トンネルの終わりに再び光が見える。企業間の違いは非常に大きいが。」現在、国内貿易は活況を呈しています。輸出は別の話です。もちろん幸いにも例外もありますが、多くの国や海外のショップは閉鎖されています。スカンジナビアは順調です。イギリスのスーパーマーケットチェーンは、2週間前の母の日まで、その取引が非常にうまくいったまで、かなりうまく機能していました。ドイツとオーストリアは再び魅了されており、同じことがポーランドとチェコ共和国にも当てはまります。私たちはまだマイナス面で巨大です。しかし、2週間前ほど悲観的にはなりません。(出典:Under Glass、16-04-2020)

ドイツ
ガーデンセンターとDIYストアがドイツ全土に再オープンしています。この週末の周りに、まだ閉鎖されていた最後の3つの地区にショップがオープンします。ドイツでは、これらはバイエルン州、ザクセン州、メクレンブルク-西ポメラニア州です。特にバイエルン州は人口1300万人で、販売にとって重要な連邦州です。園芸用品センターやDIYストアを含むほとんどすべてのショップが3月21日からここで閉鎖されています。3月16日月曜日、ドイツ全土のガーデンセンターとDIYストアは、特定の条件下で営業を続けることが許可されました。4つのレンダーはこのアドバイスから逸脱しました。ニーダーザクセン州では、ガーデンセンターとDIYストアが4月4日に再開しました。(出典:De Boomkwekerij、17-04-2020)

ベルギー
薬局のほか、食料品やペットフード、新聞販売店、ガソリンスタンド、電気通信店、医療機器の店、主に植物や樹木を販売する園芸用品センターや苗床も開店する可能性があります。上記の専門家を対象とした卸売業者も活動を再開できます。社会的距離のルールを尊重するために、特に各人の距離を1.5メートルに維持するために必要な措置を講じる必要があります。(出典:AVBS、20-04-2020)

農家から直送した花や植物。ベルギーの観賞用栽培者は、ここ数週間でたくさんの花や植物を育て、すぐに使えるようになりました。園芸用品センターは土曜日に再開する可能性がありますが、追加の販売チャネルは必要以上に残っています。Vlaams Centrum voor Agroen Visserijmarketing(VLAM)、Stunepunt Korte Keten、AVBS(フランダースの観賞用園芸と緑の連盟)は、今日非常に人気のある農家と観賞用栽培者をつなぎます。その結果、植物は現在、多くの農家の店でも入手可能です。(出典:VLAM、20-04-2020)

ポーランド
4月14日と15日にポーランドの600社のグループを対象にBCC(ビジネスセンタークラブ)が実施したオンライン調査によると、起業家の84%以上が、経済が解凍されるべきだと考えています。企業によると、できるだけ早く解除される主な制限は、主にサービスと貿易部門に関係しています。調査した起業家によると、個々の産業と経済全体を効果的に「解凍」するために、公共の場所でフェイスマスクを着用し、安全な距離を保ち、手を消毒するという注文と引き換えに、すべての制限を段階的に廃止する必要があります。特に中小企業は、敷地内の1人の顧客に制限を課すことでさえ、通常の操作を可能にし、カフェ、菓子屋、小規模なサービスポイントを開くことに依存していると指摘しました。起業家によると、ショッピングセンターではできるだけ早く(アクセス制限などの限られた範囲で)販売を開始する必要があります。また、出張、出張、チームでのホテル、宿泊施設、食事の可用性の回復を期待しています。たとえば、技術ラインの組み立て中や建設現場の実行中。起業家によると、それは他の国の経験を追う価値があります:より多くのテストを行い、社会の孤立を減らし、仕事への復帰をスピードアップし、治療の推奨を行います。(出典:Agro-messages abroad、17-04-2020)たとえば、技術ラインの組み立て中や建設現場の実行中。起業家によると、それは他の国の経験を追う価値があります:より多くのテストを行い、社会の孤立を減らし、仕事への復帰をスピードアップし、治療の推奨を行います。(出典:Agro-messages abroad、17-04-2020)たとえば、技術ラインの組み立て中や建設現場の実行中。起業家によると、それは他の国の経験を追う価値があります:より多くのテストを行い、社会の孤立を減らし、仕事への復帰をスピードアップし、医療の推奨を行います。(出典:Agro-messages abroad、17-04-2020)

スイス
スイスは月曜日に、近い将来に予想される国境交通の再開に対処するために、ジュネーブのカントンでフランスとの5つの国境通過地点を部分的に再開します。FCAは、政府が今週危機の出口計画について発表した4月27日から国境交通が急増すると予想していると語った。4月20日月曜日からは、イースター休暇の終了や特定の経済セクターでの出張の再開などの要因により、トラフィックの増加が予想されます。近隣諸国からの入国は、スイス国民、居住許可を持っている人、および専門的な理由でスイスに旅行しなければならない人にのみ許可されています。ジュネーブ州では現在、9つのポイントがオープンまたは部分的にオープンしており、カントンの警察が税関によるチェックの実施を支援しています。(出典:Swissinfo、19-04-2020)

4月27日からスイスのガーデンセンターが再びオープンします。(出典:The Tree Nursery、17-04-2020)

チェコ共和国チェコ共和国で
は園芸植物の需要が高まっています。人々はその状況にますます慣れてきています。チェコ共和国の措置はより柔軟になってきています。最大200m²のショップが4月27日から営業を再開する可能性があります。これにより、フラワーショップやガーデンセンターを訪れる人が増えます。(出典:International AM weekly update、16-04-2020)

アイルランドの
日曜大工チェーンおよびガーデンセンターは、当初はオープンのままで、ガーデンシーズンを開始し、好結果をもたらしましたが、3月27日から閉鎖する必要がありました。これは業界に大きな影響を与えます。スーパーマーケットだけが限られた種類の花を販売しているので、生産者は大量の寝具植物を捨てなければなりません。制限は5月の初めまで延長されました。(出典:International AM weekly update、16-04-2020)

ケニア
ケニア航空は、強制検疫を受けている乗務員の不足により、多くの貨物航空機を着陸させることを余儀なくされています。乗務員不足のため、航空会社は貨物スペースの需要を満たすことができません。(出典:Business Daily、1604-2020)

ヨーロッパへの貨物輸送能力は70%減少しました。貨物代理店は空港で最大6日間の貨物のバックログを抱えており、生産者に配達を通常の数の30%に減らすようアドバイスします。フォワーダーは、4月19日までにバックログを解決することを期待しています。(出典:GSS地域別更新、17-04-2020)

ケニアの生産者の供給は20%から70%の範囲であり、ほとんどの生産者は現在約40%を生産しています。(出典:International AM weekly update、16-04-2020)

エチオピア
エチオピアの生産者は、生産量の平均35%から付随的に60%を管理しています。(出典:International AM weekly update、16-04-2020)

南アフリカの
KLMは現在、アムステルダム-ヨハネスブルグ-ハラレ-ナイロビ-アムステルダムのルートで週に4つの貨物機を使用しています。花を含む生鮮品は、貨物の重要な部分を占めています。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、20-04-2020)

日本の
ガーベラの生産拠点は緊急事態に大きな打撃を受けました。3月の需要は崩壊し、売上高は30%減少しました。4月15日の価格は15円で、前年より10円安い。もう一つの問題は、海外からのガーベラ苗の供給です。日本行きのすべての国際線は羽田と成田に集中しているため、航空貨物の制限と空港での通関手続きが長いため、配達が遅れています。職場での社会的距離と腐敗しやすい製品への優先順位により、空港での待ち時間が長くなります。現在、苗床は現在の種子を地面で再利用していますが、収穫量が少ないなどのマイナスの結果が出ているため、植物の世話が必要です。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、17-04-2020)

毎年恒例の花祭りが中止された結果、当局は人々がこれらのチューリップを大量に収集することを防ぐために、東日本で800,000開花チューリップをカットしました。(出典:AgriculturalAttachéNetwork農業省、LNV、20-04-2020)

出典:  Royal FloraHolland


発行日: 2020年4月20日

----------
原語

Corona crisis; country updates
In this article you will find an update from the Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality (LNV), who are involved in the crisis measures surrounding the Coronavirus and informs Royal FloraHolland about the impact of the virus on the export market.

The Netherlands
On 16 April, the entire House of Representatives agreed to a proposal by the CDA and the VVD to arrive at a specific labour cost scheme in coordination with the seasonal sectors. The Lower House calls on Minister Koolmees (SZW) to work out a separate scheme for seasonal sectors. LTO Nederland will continue to hold talks with the Ministries of SZW and LNV so that companies with a seasonal turnover can be helped quickly with an appropriate labour cost scheme. (Source: De Bloemisterij trade journal, 17 April 2020)

Rabobank's sector specialists expect turnover for cut flowers to drop by approximately 70% in the second quarter and by approximately 40% in the third quarter of 2020 compared with the same period in 2019. For flower bulb businesses, they expect the drop in turnover to continue the longest, with an estimated 15% drop in the fourth quarter. In the report 'Corona crisis affects food and agri', Rabobank writes that all measures taken to curb the spread of the coronavirus have resulted in a substantial drop in turnover for almost all sectors of agriculture and horticulture, especially ornamentals and businesses supplying the hotel, restaurant and catering industry. Approximately 80% of all Dutch cut flowers, plants, bulbs and trees are destined for export. Countries have not classified ornamental plant cultivation as a vital sector, with the direct result that exports have been greatly reduced. In addition, the demand for flowers is also declining due to a reduction in festivities, according to Rabobank. It is precisely the peak period from March to May that is enormously important for the sale of flowers and plants. The corona measures therefore affect the entire chain: starting materials, production, auction, trade and retail. (Source: Floranews, 17-04-2020)

The export of ornamental plant products came to a virtual standstill after the lockdown because of the corona virus in many European countries, but is now picking up again, according to Matthijs Mesken, director of the Association of Wholesalers in Floricultural Products (VGB). "We see light again at the end of the tunnel. Although the differences between companies are very large." Domestic trade is booming at the moment. Exports are a different story: of course many countries and shops abroad are closed, although fortunately there are exceptions as well. Scandinavia is doing well. English supermarket chains run reasonably well, until Mother's Day two weeks ago the trade there even went very well. Germany and Austria are attracting again, the same goes for Poland and the Czech Republic. We're still gigantic in the minus. But we're not as gloomy as two weeks ago. (Source: Under Glass, 16-04-2020)

Germany
Garden centres and DIY stores are reopening all over Germany. Around this weekend shops will open in the last three Länder that were still closed. In Germany, these are the states of Bavaria, Saxony and Mecklenburg-Western Pomerania. Bavaria in particular, with 13 million inhabitants, is an important federal state for sales. Almost all shops, including garden centres and DIY stores, have been closed here since 21 March. On Monday 16 March, garden centres and DIY stores throughout Germany were allowed to remain open under certain conditions. Four Länder deviated from this advice. In Lower Saxony, garden centres and DIY stores reopened on 4 April. (Source: De Boomkwekerij, 17-04-2020)

Belgium
In addition to pharmacies, shops selling food and pet food, newsagents, petrol stations, telecom shops and shops for medical devices, garden centres and tree nurseries that mainly sell plants and/or trees may also open. Wholesalers intended for the above-mentioned professionals may also resume their activities. The necessary measures must be taken to respect the rules of social distancing, in particular maintaining a distance of 1.5 metres between each person. (Source: AVBS, 20-04-2020)

Flowers and plants straight from the farmer; The Belgian ornamental growers have grown a lot of flowers and plants in recent weeks, ready for use. Although the garden centres may reopen on Saturday, extra sales channels remain more than necessary. The Vlaams Centrum voor Agro- en Visserijmarketing (VLAM), the Steunpunt Korte Keten and AVBS, the Flemish ornamental horticulture and green federation, link our farm producers, who are very popular today, to our ornamental growers. As a result, plants are now also available in many farm shops. (Source: VLAM, 20-04-2020)

Poland
According to the online survey conducted by BCC (Business Center Club) on 14 and 15 April among a group of 600 companies in Poland, more than 84% of entrepreneurs believe that the economy should be thawed. According to companies, the main restrictions to be lifted as soon as possible mainly concern the services and trade sectors. In order to help effectively 'thaw out' individual industries and the economy as a whole, according to the entrepreneurs surveyed, all restrictions should be phased out in exchange for an order to wear face masks in public places, keep a safe distance and disinfect hands. noted that small and medium-sized enterprises in particular rely on making normal operations possible and opening cafes, confectioners and small service points, even by imposing restrictions on one customer in the premises. According to entrepreneurs, sales should start as soon as possible (to a limited extent, e.g. an access limit) in shopping centres In addition, they expect the restoration of the availability of hotels, accommodation and meals during business trips, business trips and teams, e.g. during the assembly of technology lines or the running of construction sites. According to entrepreneurs, it is worth following the experience of other countries: do more tests, reduce the isolation of society, speed up the return to work, make recommendations for medical treatment. (Source: Agro-messages abroad, 17-04-2020)

Switzerland
On Monday, Switzerland will partially reopen five border crossing points with France in the canton of Geneva to cope with the expected resumption of border traffic in the near future. The FCA says it expects a sharp increase in border traffic from 27 April following the government's announcement this week of a crisis exit plan. More traffic is already expected from Monday 20 April due to factors such as the end of the Easter holidays and the resumption of travel to work in certain economic sectors. Entry from neighboring countries is only allowed for Swiss citizens, people who have a residence permit and people who have to travel to Switzerland for professional reasons. In the canton of Geneva, nine points are currently open or partially open, with the cantonal police assisting customs in carrying out checks. (Source: Swissinfo, 19-04-2020)

From 27 April the garden centres in Switzerland will open again. (Source: The Tree Nursery, 17-04-2020)

Czech Republic
The demand for garden plants is increasing in the Czech Republic. People are becoming more accustomed to the circumstances. The measures in the Czech Republic are becoming more flexible. Shops of up to 200 m² may reopen from 27 April, this will generate traffic for visiting flower shops and garden centres. (Source: International AM weekly update, 16-04-2020)

Ireland
Do-it-yourself chains and garden centres, which were initially able to remain open and started the garden season with positive results, had to close from 27 March. This has a major impact on the industry. Growers have to throw away large quantities of bedding plants as only the supermarkets sell a limited assortment of flowers. The restrictions have been extended until the beginning of May. (Source: International AM weekly update, 16-04-2020)

Kenya
Kenya Airways has been forced to ground a number of its cargo aircraft due to a shortage of flight crew, who are in mandatory quarantine. The airline is unable to meet the demand for cargo space due to a lack of crew. (Source: Business Daily, 1604-2020)

Freight capacity to Europe has decreased by 70%. Cargo agents have a backlog of cargo at the airport of up to six days and advise growers to reduce delivery to 30% of normal numbers. Forwarders expect - without further setbacks - to resolve the backlog by 19 April. (Source: GSS update by region, 17-04-2020)

The supply of Kenyan growers ranges from 20% to 70%, most growers currently do around 40%. (Source: International AM weekly update, 16-04-2020)

Ethiopia
Ethiopian growers control on average 35% to incidentally 60% of their production. (Source: International AM weekly update, 16-04-2020)

South Africa
KLM currently uses four cargo planes a week for the Amsterdam-Johannesburg-Harare-Nairobi-Amsterdam route. Fresh products, including flowers, make up an important part of the cargo. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 20-04-2020)

Japan
Gerbera's production sites have been hit hard by the emergency: sales fell 30% in March as a result of collapsing demand. On 15 April, the price was 15 yen, 10 yen lower than the previous year. Another problem is the supply of gerbera seedlings from abroad. Delivery has been delayed due to limited air freight capacity and longer clearance procedures at the airport, as all international flights to Japan are concentrated on Haneda and Narita. The social distance in the workplace and the priority given to perishable products lead to longer waiting times at the airport. Nurseries are now reusing current seeds in the ground, even with negative consequences such as low harvests, requiring more care for the plants. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 17-04-2020)

As a result of a cancelled annual flower festival, the authorities have cut 800,000 flowering tulips in eastern Japan to prevent people from collecting these tulips en masse. (Source: Agricultural Attaché Network Ministry of Agriculture, LNV, 20-04-2020)

Source: Royal FloraHolland


Publication date: Mon 20 Apr 2020

2020年3月26日木曜日

3/24オランダ発フローラルダイアリーの新型コロナウィルス感染症COVID-19の記事


掲載サイト

Update of Dutch Ministry of Agriculture shared by Royal FloraHolland
Impact COVID-19 per exporting country
The impact of COVID-19 on the flower industry is serious. Flower exports from Colombia and Ecuador decreased by 80% and are expected to be 100% in the coming week. In Europe, several garden centers are forced to close their doors, but fortunately there are still points where flowers and plants can be sold. Also online flower sales still seem to be allowed to continue in many countries.

This was mentioned in an update of Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality (LNV) of March 23, shared by Royal FloraHolland. In this report, the impact of COVID-19 on the export of flowers and plants, as well as other perishables, on the horticulture industry in several countries around the world was presented.

Of course, the situation in each country are subject to change, but below the update of 23 March 2020:

Colombia and Ecuador
In Colombia to date 231 people have been infected with Covid-19 and 2 dead. Bogotá, the capital has 40% of the cases; 60% of the flower production takes place in the savannah of Bogotá. From Wednesday the 24th of March there is a lock down in Colombia, for the time being until the 13th of April (just after semana santa, where normally everyone travels). Essential services will continue (also sea freight). Ecuador today has 789 infected and 14 dead, Guayaquil has 45% of the cases followed by Pichincha, one of the most important flower production regions near Quito.

Colombia and Ecuador have declared a state of emergency and started a nationwide quarantine. There are travel restrictions and airports have been closed to all international passenger flights. Freight flights are still allowed, but due to low demand we expect more cancellations until mid-April or further notice. Most airlines to the US and Europe stop such as KLM, Lufthansa, Iberia, American, United, Delta and only a few are available in Cargolux, Emirates, Turkish Latam. Exports of flowers have decreased by 80% and are expected to be 100% in the coming week, so all markets are closing and customers will stop all remaining orders from all markets. Many growers have decided to stop exporting for at least twenty days from now and are sending most of the workers home. All harvested flowers will be destroyed and used for composting.

Video shared by Ecuadorian export association Expoflores to support the flower industry and show the importance.

The economic consequences for the industry will be enormous. The governments of Colombia and Ecuador will take measures for companies to postpone tax payments and promote credit lines over the next two months for those faced with credit payments and give them debt relief and allow them to keep their salaries and protect jobs. Colombia has announced a USD 3.6 billion package to be spent on emergency measures, starting with health and social care programmes. The economic situation in Ecuador is different and so far we have heard from Expoflores that there is no money available to support the industry in such a crisis. Growers are asking the government to allow 90 days of leave for workers who are not needed in time.

Belgium
Garden centres in Belgium may only sell food and animal feed. AVBS is negotiating a relaxation, but for the time being without result. Supermarkets are still selling flowers and plants.

Some flower shops sell 'at the door' takeaway restaurants. Many shops are effectively closed. There are growers, however, because the need is high, who display products on the street with a guide price, some Corona guidelines and a pot for the honest payer next door.

Selling and delivering flowers and plants online is still allowed but is not recommended, also for flower shops to do so because flowers and plants are not among the extremely necessary products.

Germany
Points of sale for flowers and plants can remain open. This means that, in addition to supermarkets of course, DIY stores, garden centres and (again) florists may also be open. However, they must adhere to the very, very strict requirements with regard to 'social distancing'. Also in North Rhine-Westphalia, the most important market for flowers and plants, this is the policy until further notice. In Bavaria, stricter rules have applied since Saturday, which most other Bundesländer have not yet opted for.

Last night, the copper stand of Veiling Rhein-Maas (VRM) was 'converted' to the new requirements. Of the 600 seats, 155 can still be used. Of course, VRM is also investing heavily in more purchasing via Remote Buying (KOA).

Myanmar
Trade with China seems to be picking up again. Seed companies are blocked in many Southeast Asian countries and are seeking dialogue with governments to propose "Green Lane" solutions. Dept. of Agriculture in Myanmar promised to further facilitate the import of plant propagation material from NL for 15 new groups of plants, flowers and fruit.

United Kingdom
Fairs, shows and events are cancelled, now until late June. The famous Chelsea Flower Show (19-23 May) wants to develop a virtual alternative.

FPC, the trade association for the trade in fruit, vegetables and floriculture products, advocates (once again) temporary "light-touch, risk-based" plant health inspections for imports. The reason for the request is that shipments of perishable products are delayed on their journey to the United Kingdom due to lockdowns and staff shortages elsewhere. After-sending original certificates also fail to find their way to their final destination, or do so too late. FPC wants the requirement to produce original certificates (direct or after-shipment) to lapse, so that more consignments can be released immediately at the border.

Poland
Due to long queues at the borders of Poland, additional borders have been opened for people and freight traffic. The Polish CVO has advised not to export live cattle to Poland at the moment as long as the situation at the borders is unclear. Following the closing of the Schengen border for non-Schengen nationalities, the Polish agribusiness once again called for the possibility of work visas for Ukrainians. Flowers are in the last place on the shopping list these days. Also other events such as weddings or corporate events that would normally be decorated will not take place. The Polish Association of Florists has addressed a petition to the Polish Prime Minister with a call for support (e.g. exemption of insurance contribution and VAT exemption). Otherwise several flower shops will go bankrupt in Poland. The Polish horticultural sector is concerned about the availability of the products imported from abroad. They think mainly of fertilizers, seeds and crop protection products. The flow of goods across the border is already more difficult, trucks are waiting in traffic jams for several hours. Delays in deliveries are also the result of the often reduced number of employees in supplier warehouses. Polish producers are also concerned about future prices of imported fertilisers, as the price will be influenced by the zloty exchange rate.

Uganda
On the 22nd, 23rd and 25th of March there will still be KLM flights to Kampala. After that, it is unclear whether there will be any more flights, and whether flowers and cuttings can still leave the country.

United States
Cattle futures in the US have fallen by almost a quarter since 1 January 2020. This is partly due to the coronavirus but the market opening for beef from Brazil has also contributed to this. The problem does not seem to be demand, shelves in many shops are empty, but to get it to the consumer on time.

Southwest Europe
On March 22, countries in the CEFTA region together with the European Union and the Transport Community discussed the construction of a green corridor with priority lanes for trucks transporting food, raw materials for the food industry, medical equipment and materials in the CEFTA region (Albania, Bosnia and Herzegovina, Moldova, Montenegro, North Macedonia, Serbia and Kosovo). The green corridor should allow a smooth flow of goods inside and outside the region.The main problem for the companies is the transport, i.e. the epidemiological conditions to be met by drivers entering and leaving countries from crisis areas. To date, four out of the six economies of the Western Balkans have declared a state of emergency.

Italy
To the best of our knowledge, there are no barriers, including those relating to road transport. As far as the latter is concerned, Austria had taken some measures but withdrawn them until 29 March, and Slovenia remains a problematic border (road transport is only allowed to pass through the country from border to border and provided there is sufficient fuel without having to stop). There are also routine checks and the temperature of lorry drivers is measured (causing delays).

Spain
From Tuesday 17 March (00 hours CET) there will be passport controls at Spanish border crossings. Apart from these checks, there are no restrictions on the logistic routes to and from Spain. Goods and in particular food transport are allowed in and out of the country.

Japan
The Abe government decides not to extend the national school closures and leaves this to local authorities. As a result, schools in low-risk areas will reopen on 6/7 April. Japan seems to have Corona virus carefully under control - although experts warn that steady expansion is still possible.

Saudi Arabia
The authorities have announced that they will continue to guarantee the smooth import of goods via air, water and land to ensure that the supply in Saudi Arabia remains on arrow. As a result, the various hypermarkets and supermarkets still have more than enough products in stock, including fresh products.

United Arab Emirates
As a result of the complete disappearance of the tourist industry and the congresses and fairs industry, the demand for food and other products has fallen sharply. This, combined with the fact that transport flows are stalling due to the limited available transport capacity, resulting in higher prices, has led to a sharp drop in imports.

France
On March 22, there was uncertainty about transport to France. The Agriculture Council reports that two drivers are allowed in the cabin and that a health certificate is not required. If they have such a certificate, that's better. France has a similar regulation as the Netherlands for optimal traffic flow and supplies.

Mexico
From Saturday March 21, the border between Mexico and the US will be closed for non-essential traffic. This does not include trade in agricultural and food goods. Mexico exports over $11 billion worth of fresh fruit and vegetables to the U.S. annually. The declining peso (against the USD) makes the export of vegetables to the US more attractive.

Romania
On March 20 Romania officially requested the Hungarian authorities to open 3 additional border crossings at Borș, Cenad and Nădlac 1 for hauliers to or from Romania. Including the already open border crossing point Nădlac 2, the total number of crossing points that can be crossed would be 4. Blockades Hungarian - Romanian border: the Romanian authorities have asked Hungary to increase the number of crossing points at Bors, Cenad and Nădlac. There is now 1 crossing and this leads to many problems (waiting times and blockades). Also border workers from both countries get into problems. On 19 April the Romanian Easter celebration starts (one week later than in the Netherlands). President Iohannis has publicly asked the Romanian diaspora (more than four million people in total) not to travel to Romania.

Russia
The Federal Veterinary and Phytosanitary Surveillance Service (Rosselkhoznadzor) simplifies the procedure for processing batches of animal and plant products imported into Russia in order to avoid disruption of the supply of plant and animal products. The registration of goods controlled by Rosselkhoznadzor is carried out on the basis of copies of veterinary and phytosanitary accompanying documents. All necessary measures to confirm the authenticity of these documents will be taken together with the competent services of other countries.

Georgia
The government of Georgia claims that there are no shortages of basic food products as a result of the Corona events. Thus, there would be sufficient supplies for 3 to 4 months. No measures are expected to prevent imports.
Georgia's three largest canneries also ensure a stable supply of food products and local fruit and vegetable production, which is now on the rise, is expected to increase further in the coming months.

Slovakia
The bakery sector and canned food companies indicate a 60% increase in sales of canned food. They indicate a shortage of personnel. Currently, there is a 10-20% reduction in the labour force at work. If more people become infected there is a threat of a shortage of 3,000 workers. In the meantime, the Ministry of Agriculture indicates that there is no reason to panic because there are sufficient stocks in the warehouses. This is confirmed by the logistics sector. Supermarkets are also running out of staff, including Tesco. At the same time, smaller companies are being hit by the crisis.

United States
The American food sector including USA Rice and the North American Meat Institute indicate that there are no food shortages and that there is sufficient food in storage. Also, the border with Mexico is still open for the supply of fresh fruit and vegetables. Large supermarket chains such as Walmart, Kroger and HEB have reduced store opening hours to allow employees to refill the shelves. In addition, a number of chains offer separate opening hours in the morning for senior citizens. Amazon has indicated that it will hire 100,000 people to meet their customers' increasing demand for household goods and food. With the closure of U.S. Consulate General in Mexico, applications for temporary worker visas (so-called H2A visas) for the agricultural sector also ran a risk. The American Minister of Agriculture, Sonny Perdue, is in contact with the US Department of State to limit the disruption of visa applications as much as possible. The American agricultural sector has responded gratefully.

Ukraine
Ukraine has ceased international passenger transportation since March 17. Local intercity transport stopped on 18 March. The metro in major cities is closed, other means of transport are strictly limited, shopping malls and cinemas are closed. The evacuation of Ukrainians from abroad continues. On 17 March, 3,500 Ukrainians crossed the border with Poland via three open points. Agreement has been reached with Slovakia to carry out the transfer of Ukrainians. The total number of Ukrainians abroad awaiting evacuation is estimated at 35.5 thousand. Only 49 out of 219 border checkpoints are open. The waiting time for commercial goods is 20 hours at the border with Poland and less than one hour at the other border crossing points. According to customs information, all consignments are allowed for import, not stopped because of quarantine. Companies report logistical problems. The logistics of perishable goods is complicated due to long waiting times. Logistics of small goods sent by mail in passenger planes (e.g. seeds) is no longer possible, which is crucial for the start of the season.

Hungary
The Hungarian measure restricting the transit of goods through a single border post with Romania (Nădlac 2) has proved to be insufficient and has caused significant bottlenecks.

Kazakhstan
The Kazakh Prime Minister has asked the Ministry of Finance to pay attention to reducing import duties on the most important staple food products. The EU delegation in the capital Nur-Sultan has asked Kazakh authorities for more information.
There have been many recent objections to the new regulations on cross-border transport in Kazakhstan. For example, the truck and driver from certain Corina high-risk countries, including the Schengen countries, should be replaced at the Kazakh border.

Rwanda
Friday evening March 20 was the last flight from Kigali to Amsterdam. The next 30 days the airport will be closed for passengers. Cargo flights can land, but given the high demand for cargo flights, the question is whether Rwanda can be visited. At this moment we are looking into cargo (roses and vegetables) with a truck to Nairobi.

Ethiopia
In addition to this list, Ethiopian media agency Capital obtained from Ethiopian Horticulture Producer Exporters Association (EHPEA), that the demand and price of perishable products in Ethiopia has sharply dropped every day particularly as of the beginning of the week.

“The corona pandemic has been putting its scar on the horticulture industry in a big manner in the last days. It is expected to inflict more damage as borders are closing in the destination markets. This is inhibiting the movement of the products and also there is a sharp declining trend of demand,” Tewodros Zewdie Executive Director at EHPEA said.

He told Capital that the value of the product dived down by 82 percent due to the latest problem that happened everywhere in the world.

Borders in Europe are closed and the product cannot be transport from Holland, which is the centre of the flower market in the world, according to the Executive Directive. “The product is perishable that cannot be stored for long, due to that the product is dumped everywhere that seriously affects local producers,” he added.
Due to the case local producers’ daily sales is almost nil.
Click here to read the complete article on CapitalEthiopia.com

FloraHollands clock and direct turnover on Marh 23. 2020
Not to forget, how are things at FloraHolland? "Yesterday's (March 23) total turnover (clock and direct) amounts to 6.55 million euros. A decrease of 76.1% compared to last year (compared to Monday 25th March 2019). The daily turnover is approximately on the same level as last Wednesday, Thursday and Friday. The decrease compared to last year of the direct turnover (-72.0%) is now almost as big as the clock turnover. Last week there was still a big difference between this (-33.8% vs. 85.2%)", they reported in their market update.

"Yesterday's (March 23) clock turnover was 1.96 million euros. A decrease of 82.3% compared to last year. In total, almost 10.7 million units were supplied for the clock. Of this, 2.6% was turned (1.7% for cut flowers, 21.4% for houseplants and 5.3% for garden plants). The percentage of unsold products is therefore at a much lower level than last week. At that time it averaged 28.2%."


Publication date: Tue 24 Mar 2020


---------
日本語自動翻訳

Royal FloraHollandが共有するオランダ農業省の更新
輸出国ごとのCOVID-19への影響
COVID-19が花産業に及ぼす影響は深刻です。コロンビアとエクアドルからの花の輸出は80%減少し、来週には100%になると予想されています。ヨーロッパでは、いくつかの園芸センターがドアを閉ざされていますが、幸いにも花や植物を販売できる場所がまだあります。また、オンラインの花の販売はまだ多くの国で継続することが許可されているようです。

これは、ロイヤルフローラホーランドによって共有された 3月23日の農業自然食品品質省(LNV)の更新で言及されました。このレポートでは、COVID-19が花や植物、その他の生鮮食品の輸出に及ぼす影響を、世界のいくつかの国の園芸産業に示しました。

もちろん、各国の状況は変わる可能性がありますが、2020年3月23日の更新を下回っています。

コロンビアとエクアドル
コロンビアでは、これまでに231人がCovid-19に感染し、2人が死亡しています。首都ボゴタは事件の40%を占めています。花の生産の60%はボゴタのサバンナで行われます。3月24日水曜日から、当面は4月13日(通常は全員が旅行するセマナサンタの直後)まで、コロンビアでロックダウンが行われます。基本的なサービスは継続されます(海上輸送も)。エクアドルは本日、789人が感染し14人が死亡しました。症例の45%がグアヤキルに続き、キト近郊で最も重要な花生産地域の1つであるピチンチャがそれに続きます。

コロンビアとエクアドルは緊急事態を宣言し、全国的な検疫を開始しました。旅行制限があり、空港はすべての国際旅客便に閉鎖されています。貨物便は引き続き許可されますが、需要が少ないため、4月中旬またはそれ以上の通知があるまで、キャンセルが増えると予想されます。KLM、ルフトハンザ、イベリア航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空など、米国とヨーロッパへのほとんどの航空会社が停車し、カーゴラックス、エミレーツ、トルコのラタムでご利用いただける航空会社はごくわずかです。花の輸出は80%減少し、来週は100%になると予想されているため、すべての市場が閉鎖され、顧客はすべての市場からの残りの注文をすべて停止します。多くの生産者は、少なくとも20日間は輸出を停止することを決定し、労働者のほとんどを家に送り込んでいます。収穫された花はすべて破壊され、堆肥化に使用されます。

花産業をサポートし、その重要性を示すためにエクアドルの輸出協会Expofloresが共有するビデオ。

業界への経済的影響は計り知れません。コロンビアとエクアドルの政府は、企業が税金の支払いを延期し、クレジット支払いに直面している人々のために次の2か月間クレジットラインを促進し、彼らに債務救済を与え、彼らの給与を維持し、仕事を守ることを可能にする措置をとります。コロンビアは、保健および社会福祉プログラムをはじめとする緊急措置に費やされる36億米ドルのパッケージを発表しました。エクアドルの経済状況は異なり、今のところExpofloresからは、このような危機において業界をサポートするための資金がないと聞いています。生産者は政府に、時間内に必要のない労働者に90日間の休暇を許可するよう求めています。

ベルギーベルギーの
ガーデンセンターでは、食料と飼料のみを販売できます。AVBSはリラクゼーションを交渉していますが、とりあえず結果は出ていません。スーパーマーケットはまだ花や植物を販売しています。

一部のフラワーショップでは、「玄関先」でテイクアウト可能なレストランを販売しています。多くの店は事実上閉鎖されています。ただし、ニーズが高く、ガイド価格、いくつかのコロナガイドライン、隣の正直な支払者のためのポットを備えた商品を路上で陳列する生産者がいます。

花や植物をオンラインで販売および配信することは引き続き許可されていますが、お花屋さんがそうすることはお勧めできません。花や植物は非常に必要な製品ではないためです。

ドイツ
花や植物の販売拠点は営業中のままです。これは、もちろんスーパーマーケットに加えて、DIYストア、ガーデンセンター、および(再び)花屋も営業している可能性があることを意味します。ただし、「社会的距離」に関する非常に厳しい要件を遵守する必要があります。花と植物の最も重要な市場であるノルトラインヴェストファーレン州でも、これは追って通知があるまでの方針です。バイエルンでは、土曜日以降、より厳しい規則が適用されており、他のほとんどの連邦国はまだ選択していません。

昨夜、Veiling Rhein-Maas(VRM)の銅スタンドが新しい要件に「変換」されました。600席のうち155席は引き続きご利用いただけます。もちろん、VRMはまた、リモート購入(KOA)を介したより多くの購入に多額の投資をしています。


中国とのミャンマー貿易は再び持ち直しているようです。シード企業は多くの東南アジア諸国でブロックされており、「グリーンレーン」ソリューションを提案するために政府との対話を求めています。ミャンマーの農業省は、植物、花、果物の15の新しいグループのために、NLからの植物繁殖材料の輸入をさらに促進すると約束しました。

イギリスの
見本市、ショー、イベントは現在6月下旬までキャンセルされています。有名なチェルシーフラワーショー(5月19〜23日)では、仮想の代替品を開発したいと考えています。

FPC、果物、野菜、および花き栽培製品の貿易のための業界団体であり、輸入品の一時的な「軽微でリスクに基づく」植物の健康状態の検査を提唱します(ここでも)。要求の理由は、腐敗しやすい製品の出荷は、他の国での封鎖やスタッフ不足のために英国への旅で遅れているためです。元の証明書を送信した後も、最終的な宛先への経路が見つからないか、遅すぎます。FPCは、オリジナルの証明書(直接または出荷後)を作成して失効させ、国境でより多くの貨物をすぐに解放できるようにすることを求めています。

ポーランド
ポーランドの国境での長い列のために、追加の国境が人と貨物輸送のために開かれました。ポーランドのCVOは、国境の状況が不明である限り、現時点では生きた牛をポーランドに輸出しないようにアドバイスしています。非シェンゲン国籍のシェンゲン国境が閉鎖された後、ポーランドのアグリビジネスは再びウクライナ人のための労働ビザの可能性を求めました。最近、買い物リストの最後に花があります。また、通常は装飾される結婚式や企業イベントなどの他のイベントは行われません。ポーランド花屋協会はポーランドの首相に請願書を提出し、支援を求めました(保険料の免除やVATの免除など)。そうでなければ、いくつかの花屋がポーランドで倒産するでしょう。ポーランドの園芸部門は、海外から輸入された製品の入手可能性を懸念しています。彼らは主に肥料、種子、作物保護製品について考えています。国境を越える商品の流れはすでに難しく、トラックは数時間交通渋滞で待っています。配送の遅れは、サプライヤーの倉庫にいる従業員の数が減ることも原因です。価格はズロチの為替レートの影響を受けるため、ポーランドの生産者は輸入肥料の将来の価格にも懸念を持っています。配送の遅れは、サプライヤーの倉庫にいる従業員の数が減ることも原因です。価格はズロチの為替レートの影響を受けるため、ポーランドの生産者は輸入肥料の将来の価格にも懸念を持っています。配送の遅れは、サプライヤーの倉庫にいる従業員の数が減ることも原因です。価格はズロチの為替レートの影響を受けるため、ポーランドの生産者は輸入肥料の将来の価格にも懸念を持っています。

ウガンダ
3月22日、23日、25日は、カンパラ行きのKLMフライトがまだあります。その後、それ以上の飛行があるかどうか、そして花と挿し木がまだ国を去ることができるかどうかは不明です。

米国における米国の
牛の先物は、2020年1月1日以降、ほぼ4分の1減少しました。これは、一部にはコロナウイルスが原因ですが、ブラジルからの牛肉の市場開放もこれに寄与しています。問題は需要ではないようです。多くの店の棚は空ですが、時間通りに消費者に届ける必要があります。

南西ヨーロッパ
3月22日、CEFTA地域の国々は、欧州連合および運輸共同体とともに、食品を輸送するトラック用の優先レーンを備えた緑の回廊の建設、食品業界の原材料、医療機器、およびCEFTA地域の資材について議論しました。 (アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モルドバ、モンテネグロ、北マケドニア、セルビア、コソボ)。緑の回廊は、地域内外の商品のスムーズな流れを可能にする必要があります。企業にとっての主な問題は輸送です。つまり、危機地域から出入りする運転手が満たすべき疫学的条件です。今日まで、西バルカン諸国の6つの経済のうち4つが緊急事態を宣言しています。

イタリア
私たちの知る限りでは、道路輸送に関連するものを含め、障壁はありません。後者に関しては、オーストリアはいくつかの措置を講じましたが、3月29日まで撤回しました。スロベニアは依然として問題のある国境です(道路輸送は国境を越えて国を通過することのみが許可されており、やめる)。定期的なチェックもあり、トラックの運転手の温度が測定されます(遅延の原因)。

スペイン
3月17日火曜日(00時間CET)から、スペイン国境検問所にパスポートコントロールがあります。これらのチェックとは別に、スペインとの間の物流ルートに制限はありません。商品、特に食品の輸送は国の内外で許可されています。

日本
安倍政権は国立学校の閉鎖を延長しないことを決定し、これを地方自治体に任せる。その結果、危険度の低い地域の学校は4月6日から7日に再開されます。日本はコロナウイルスを注意深く管理しているようですが、専門家は着実な拡大がまだ可能であると警告しています。

サウジアラビア
当局は、サウジアラビアでの供給が確実に維持されるように、航空、水、土地を介した商品の円滑な輸入を引き続き保証すると発表しました。その結果、さまざまなハイパーマーケットやスーパーマーケットには、新鮮な製品を含め、まだ十分な数の製品が在庫されています。

アラブ首長国連邦
観光産業、会議および見本市産業が完全に消滅した結果、食品やその他の製品の需要が急激に減少しました。これに加えて、利用可能な輸送能力が限られているために輸送の流れが停滞し、価格が上昇しているという事実と相まって、輸入が急激に減少しています。

フランス
3月22日、フランスへの輸送について不確実性がありました。農業評議会は、キャビンには2人の運転手が許可され、健康診断書は必要ないと報告しています。彼らがそのような証明書を持っているなら、それはより良いです。フランスには、最適な交通流と供給に関するオランダと同様の規制があります。

メキシコ
3月21日土曜日から、メキシコと米国の国境は重要でない交通のため閉鎖されます。これには、農産物や食料品の貿易は含まれません。メキシコは毎年110億ドルを超える新鮮な果物と野菜を米国に輸出しています。ペソの減少(米ドルに対して)は、米国への野菜の輸出をより魅力的なものにします。

ルーマニア
3月20日、ルーマニアはハンガリー当局に、ルーマニアへの、またはルーマニアからの運送業者のために、ボーリ、セナード、ナドラック1でさらに3つの国境検問所を開くよう要請しました。すでに開いている国境の交差点Nădlac2を含めて、通過できる交差点の合計数は4になります。封鎖ハンガリー-ルーマニア国境:ルーマニア当局はハンガリーにBors、Cenad、Nădlacの交差点の数を増やすように要請しました。現在、1つの交差点があり、これは多くの問題(待ち時間と封鎖)につながります。また、両国の国境労働者も問題に直面しています。4月19日、ルーマニアのイースターのお祝いが始まります(オランダよりも1週間遅れます)。イオハニス大統領はルーマニアのディアスポラ(合計400万人以上)にルーマニアに旅行しないよう公に要請しました。

ロシア
連邦獣医植物検疫サービス(Rosselkhoznadzor)は、ロシアに輸入された動植物製品のバッチの処理手順を簡素化し、動植物製品の供給の混乱を回避しています。Rosselkhoznadzorが管理する商品の登録は、獣医および植物検疫に付随する文書のコピーに基づいて行われます。これらの文書の信憑性を確認するために必要なすべての措置は、他の国の有能なサービスとともに行われます。

ジョージア州ジョージア州
政府は、コロナの出来事の結果として、基本的な食料品が不足していないと主張しています。したがって、3か月から4か月間十分な供給があります。輸入を阻止する措置は期待されていない。
ジョージア州の3つの最大のキャナリーは、食品の安定供給を保証し、現在増加している地元の果物や野菜の生産は、今後数か月でさらに増加すると予想されます。

スロバキア
パン屋と缶詰会社は缶詰の売上高が60%増加したことを示しています。人員不足を示しています。現在、労働力は10〜20%削減されています。より多くの人が感染するようになると、3,000人の労働者が不足する恐れがあります。その間、農業省は倉庫に十分な在庫があるのでパニックに陥る理由はないと指摘しています。これは、物流部門によって確認されています。スーパーマーケットもテスコを含むスタッフが不足しています。同時に、中小企業が危機に見舞われています。

アメリカ
USA RiceやNorth American Meat Instituteを含むアメリカの食品部門は、食糧不足はなく、十分な食糧が貯蔵されていることを示しています。また、メキシコとの国境はまだ新鮮な果物や野菜の供給のために開いています。Walmart、Kroger、HEBなどの大規模なスーパーマーケットチェーンでは、従業員が棚に補充できるように、店舗の営業時間が短縮されています。さらに、多くのチェーン店では、高齢者向けに午前中に個別の営業時間を設けています。Amazonは、家庭用品や食品に対する顧客の高まる需要を満たすために、10万人を雇うと述べています。メキシコの米国総領事館の閉鎖に伴い、農業部門の一時労働者ビザ(いわゆるH2Aビザ)の申請もリスクを冒しました。アメリカ農業大臣、Sonny Perdue、米国国務省と連絡を取り、ビザ申請の混乱を可能な限り制限しています。アメリカの農業部門は感謝の意を表しています。

ウクライナ
3月17日以降、ウクライナは国際旅客輸送を中止しています。市内の都市間輸送は3月18日に停止しました。主要都市の地下鉄は閉鎖されており、他の交通手段は厳しく制限されており、ショッピングモールや映画館は閉鎖されています。海外からのウクライナ人の避難は続いています。3月17日、3,500人のウクライナ人が3つのオープンポイントを経由してポーランドとの国境を越えました。スロバキアとウクライナ人の異動を行うことで合意に達しました。避難を待っている海外のウクライナ人の総数は35.5千人と推定されています。219のボーダーチェックポイントのうち49のみが開いています。商品の待機時間は、ポーランドとの国境で20時間、他の国境通過地点では1時間未満です。税関の情報によると、すべての預託品は輸入が許可されており、検疫のために停止されていません。企業は物流の問題を報告しています。生鮮品の物流は待ち時間が長いため、複雑です。旅客機(種子など)で郵送される小物の物流はもはや不可能であり、これはシーズンの開始に不可欠です。

ハンガリー
ルーマニアとの国境の単一の支柱(Nădlac2)を通過する商品の輸送を制限するハンガリーの措置は不十分であることが判明し、重大なボトルネックを引き起こしています。

カザフスタン
カザフ首相は、財務省に最も重要な主食食品の輸入税の削減に注意を払うよう要請しました。首都ヌルスルタンのEU代表団はカザフ当局に詳細情報を求めた。
カザフスタンの国境を越えた輸送に関する新しい規制に対する最近の多くの反対がありました。たとえば、シェンゲン協定国を含む特定のコリーナ高リスク国のトラックとドライバーは、カザフ国境で交換する必要があります。


3月20日金曜日のルワンダは、キガリからアムステルダムへの最後のフライトでした。次の30日間は、乗客は空港を閉鎖します。貨物便は着陸できますが、貨物便の需要が高いため、問題はルワンダを訪問できるかどうかです。現在、ナイロビへのトラックで貨物(バラと野菜)を調べています。

エチオピア
このリストに加えて、エチオピアのメディア代理店である首都キャピタルは、エチオピア園芸生産者輸出協会(EHPEA)から入手しました。エチオピアの生鮮製品の需要と価格は、特に週の初めから毎日急激に低下しています。

「コロナのパンデミックは、終わりの日、園芸産業に大きな傷をつけてきました。仕向地市場で国境が近づいているため、より多くの被害をもたらすと予想されます。EHPEAのTewodros Zewdie事務局長は、これは製品の動きを阻害しており、需要の急激な減少傾向もあります。

彼はキャピタルに、世界のいたるところで起こった最新の問題により、製品の価値が82%減少したと語った。

執行指令によると、ヨーロッパの国境は閉鎖されており、世界のフラワーマーケットの中心であるオランダから製品を輸送することはできません。「地元の生産者に深刻な影響を与えるあらゆる場所に製品が投棄されるため、製品は長期間保存できない生鮮食品です」と彼は付け加えました。
ケースのために、地元の生産者の毎日の売上はほとんどゼロです。
CapitalEthiopia.comの完全な記事を読むには、ここをクリックしてください

フローラホランズの時計とマール23での直接の売り上げ高。2020フローラホランド
での様子はいかがですか。「昨日(3月23日)の総売上高(時計および直接)は655万ユーロです。昨年と比較して76.1%減少します(2019年3月25日月曜日と比較して)。毎日の売上高は先週水曜日とほぼ同じレベルです。木曜日と金曜日。直接売上高の昨年と比較した減少(-72.0%)は、時計の売上高とほぼ同じです。先週、これには大きな違いがありました(-33.8%対85.2%) "、彼らは彼らの市場の更新で報告した。

「昨日(3月23日)の時計の回転率は196万ユーロでした。昨年に比べて82.3%減少しています。全体で約1070万ユニットが時計に供給されました。このうち2.6%が回転しました(切り花は1.7%、観葉植物は21.4%、園芸植物は5.3%です。このため、未販売の製品の割合は先週よりもはるかに低くなっています。そのときの平均は28.2%でした。」


発行日: 2020年3月24日

2020年3月5日木曜日

3/4染めた花の扱い フローラルダイアリーより

■2020年3月5日





→ Dyed flowers care & handling







Putting a new spin on flowers can sometimes prove very difficult, especially when you’re trying to create something for a holiday that isn’t necessarily associated with colors readily available in nature. So how do you shake things up and make fun designs in any color you want? Dyed flowers might just be the answer! Using dyed flowers is a fantastic opportunity to let your imagination run wild and provide a fun element that ties in perfectly with any theme.

by Sharon Mikulinski, global marketing director, FloraLife

Working with dyed flowers is a little different in a couple of ways and there are some things you should know and expect before you receive them. Some helpful hints for working with dyed flowers include:

The water changing color is perfectly normal, don’t worry. You will probably notice the water changing within a day or so after processing. The stems contain dye so as they sit in water, it will likely change color. You do not need to change the water or re-process.
When placing in a container you might want to select something that isn’t clear so the tinted water doesn’t show and you’ll want to select a container that won’t be damaged by the tinted water.
Expect the foliage of dyed flowers to be slightly compromised versus flowers that are 100% natural. The salts and oils contained in the dye often times burn the leaves slightly, the flower blooms however are perfectly intact.
If your design includes dyed and natural flowers the natural flowers may take on some of tint once processed and placed in the same water/solution as the dyed flowers. This can actually enhance the look of your overall design as the tint would be subtle.
Be aware the dye can seep through the leaves. Always handle with care when processing or putting on display and avoid contact with clothing or tablecloths as dye could transfer. Advise customers when they are purchasing so they can be sure to avoid this also.
For many holidays such as St. Patrick’s Day, Easter, or even Valentine’s Day, designers will use picks in bouquets or arrangements. Make sure that these are made of treated wood or plastic in order to avoid fungal bacterial growth in vase.
Dyed flowers, as with any other cut flower, require proper care and handling. For best results we recommend these care and handling best practices:

Start with a clean bucket, sanitized with a floral cleaner such as Floralife Floral Cleaner or D.C.D. Cleaner.
Fill buckets with cool water mixed with flower food solution according to manufacturer’s recommendation. Do not put flowers directly into metal/galvanized buckets. Use clean, good quality water and do not use water that has been treated with a water softener as the salt levels can be damaging to flowers. Use a dosing unit that is properly calibrated, or hand mix the solution according to label instructions.
Remove any foliage that would fall below the solution level.
Re-cut stems approximately 1” using clean and sanitized clippers or knife. Use FloraLife Quick Dip to jump-start hydration and ensure free-flowing stems.
Place flowers in previously prepared container.
Allow minimum 2 hours to hydrate placing buckets in an area with good airflow.
Always remember FIFO (first in first out) when rotating flowers.
To learn more about best practices from the experts in flower care, visit www.floralife.com

For more information:
Floriology
floriologyinstitute.com 


Publication date: Wed 4 Mar 2020

<自動翻訳>
■染めた花のケアと取り扱い
花に新しいスピンをかけることは、非常に難しい場合があります。特に、自然の中ですぐに利用できる色と必ずしも関連しない休日用に何かを作成しようとしている場合はそうです。では、どのように物事を揺さぶり、好きな色で楽しいデザインを作るのですか?染めた花がちょうど答えかもしれません!染めた花を使用することは、あなたの想像力をワイルドにし、どんなテーマとも完全に結びつく楽しい要素を提供する素晴らしい機会です。

FloraLife、グローバルマーケティングディレクター、Sharon Mikulinski著

染めた花での作業は、いくつかの点で少し異なります。それらを受け取る前に知っておくべきことや期待すべきことがいくつかあります。染めた花を扱うためのいくつかの有用なヒントが含まれます:

色が変わる水は完全に正常です、心配しないでください。処理後1日程度で水が変化することに気付くでしょう。茎には染料が含まれているため、水に浸ると色が変わる可能性があります。水を交換したり、再処理する必要はありません。
コンテナに入れるときは、透明でないものを選択して、色付きの水が見えないようにし、色付きの水で損傷しないコンテナを選択することができます。
染色された花の葉は、100%天然の花に対してわずかに損なわれると予想されます。染料に含まれる塩と油はしばしば葉をわずかに燃やしますが、花の咲きは完全に無傷です。
デザインに染色された天然の花が含まれている場合、天然の花は、染色された花と同じ水/溶液に処理されて配置されると、多少の色合いを帯びることがあります。色合いは微妙なので、これにより実際に全体的なデザインの外観を向上させることができます。
染料が葉を浸透できることに注意してください。ディスプレイを処理または展示するときは常に注意して取り扱い、染料が移る可能性があるため、衣服やテーブルクロスとの接触を避けてください。顧客が購入する際には、これも避けるようにアドバイスしてください。
聖パトリックの日、イースター、さらにはバレンタインの日など、多くの休日に、デザイナーは花束やアレンジメントでピックを使用します。これらが花瓶の菌類の繁殖を避けるために、処理された木材またはプラスチックで作られていることを確認してください。
染色された花は、他の切り花と同様に、適切な手入れと取り扱いが必要です。最良の結果を得るには、次の注意事項と取り扱いのベストプラクティスをお勧めします。

Floralife Floral CleanerやDCD Cleanerなどの花のクリーナーで消毒したきれいなバケツから始めます。
製造者の推奨に従って、バケツにフラワーフードソリューションと混合した冷水を満たします。花を金属/亜鉛メッキのバケツに直接入れないでください。清潔で良質の水を使用し、塩分が花にダメージを与える可能性があるため、軟水剤で処理した水は使用しないでください。適切に較正された投与ユニットを使用するか、ラベルの指示に従って溶液を手で混合します。
ソリューションレベルを下回る葉をすべて削除します。
清潔で消毒されたクリッパーまたはナイフを使用して、ステムを約1インチ再カットします。FloraLife Quick Dipを使用して、水分補給を開始し、自由に流れる茎を確保します。
事前に準備した容器に花を置きます。
風通しの良い場所にバケツを置いて水分補給するには、最低2時間かかります。
花を回転させるときは常にFIFO(先入れ先出し)を覚えておいてください。
フラワーケアの専門家からベストプラクティスの詳細については、www.floralife.comをご覧ください。

詳細情報:
植物
学floriologyinstitute.com 


発行日: 2020年3月4日水曜日

2020年2月27日木曜日

COVID-19 (coronavirus) 中国の2月14日バレンタイン、新型コロナウィルスの影響

■ → 2020年2月26日、フローラルダイアリーより



China: Flowerless V-Day: "Flower demand was 30%-40% of previous years"
On February 14th, the annual Valentine's Day was supposed to be a day when the prices of flowers rise with a big sale. However, the impact of COVID-19 (coronavirus) has shown the opposite.

It is learned that due to the impact of COVID-19, many offline flower shops were closed. Industry insiders predict that the overall demand for flowers at the peak of "14-02" this year was only about 30% to 40% of previous years. Affected by the epidemic, the loss of the flower industry in Yunnan Province will reach 10 billion RMB.

Closed shops and Valentine's Day
"There esd only a red rose gift box, and we didn't have a large number of stocks on Valentine's Day, and we had a shortage of the materials." An online flower shop responded.” Due to the epidemic, offline flower shops have not operated their businesses. They could only provide contactless distribution services. Even so, business has not been good. "The order was far worse than in previous years."

The reporter of Sohu contacted several online flower shops, and most of them said that offline stores did not make a large number of purchases for preparation in advance.

"The shelf life of the flowers is very short. This year's epidemic situation is severe. We also expected the market to be cold. All of them will not be stocked in large quantities, but only a little before Valentine's Day." A flower shop owner said to the reporter.

"Estimated Yunnan Flower Industry Losses 10 Billion"
On February 10, Kunming Dounan flower market resumed online auction trading, and the Kunming International Flower Auction Trading Center (referred to as “the Flower Auction Center”) reopened. Due to the epidemic prevention and control, the Flower Auction Center was closed for 4 days.

But the resumed online trading market is still very cold. Transaction data showed that 2 million stems were traded on February 10, with an overall average price of 0.43 RMB per stem, which was a decrease of 70.95%, reaching the lowest in three years since 2018. The turnover rate was also only 67%.

And as of 14th February, the flower auction center has not released new transaction data information.

However, in the transaction data released on February 10, the Flower Auction Center said that the nationwide scope is still in the key period of epidemic prevention and control, most of China’s flower market is still closed, the number of orders in the terminal market is small, and the overall demand is not high. Trading continued to be sluggish. In terms of logistics, although with the resumption of work in the auction market, major logistics companies around Dounan also gradually resumed work, the logistics situation is still not ideal. Some air freight logistics have been partly restored, but cold chain land transportation has recovered relatively less.

Although the market is gloomy, the trading data on February 10 has been the best performance compared to the ten days before the market suspension. Gao Rongmei, general manager of Kunming International Flower Auction Trading Center, said in an interview that "the daily trading volume for the 10 days before the business shut down was only over 1 million stems, and more than 2 million stems were traded today, which gives us confidence in the market."

It is found that the previous transaction information before the transaction was resumed on February 3, the total supply of auction transactions on that day was 1.2 million, which fell to a new lowest point, and the transaction continued to weaken, with an average transaction price of 0.45 RMB / Stem and 80% transaction rate.

On February 3, Dounan Flower Market also announced the operation of flower markets in 22 cities including Beijing, Shanghai, and Guangzhou. Among them, only three flower markets in Taiyuan, Nanning, and Changchun are open.

Dounan Flower Market stated that as weddings and gatherings were stopped, demand in the terminal market was very weak and due to entering the critical control period of the epidemic, some markets kept closed. In addition, logistics basically stagnated, and transactions continued to be gloomy.

It is found that the sharp decline in trading in the Dounan flower market started from the outbreak. The data shows that on January 23, the total amount of auction transactions in the market was about 1.8 million, which illustrates that the transaction dropped sharply, with a transaction rate of 81.3%.

From January 20th to 22nd, the total amount of auction transactions in the market was about 3.4 million, 3.4 million and 3 million, respectively. The transaction rates were 92.3%, 96.3%, and 88.9%.

If compared with the data of the early days of Valentine's Day in 2019, the online trading data of Dounan Flower Market looks even more dismal.

From February 10th to 14th of last year, the market supply was about 8 million, 8.5 million, 5.9 million, 5.1 million and 1 million, respectively; the transaction rates were 89.62%, 92.63%, 96.9%, 90.1%, and 95%.

The “coldness” of the online auction market directly reflects the “coldness” of the flower market. The offline trading market is even more difficult.

According to Gao Rongmei, the overall demand during the "14/2" peak period is expected to be only about 30% to 40% of previous years. In the first quarter of 2020, Yunnan ’s fresh cut flower transactions are estimated to decrease by 2 billion stems, of which the flower auction center transaction is estimated to decrease by 120 million stems. The flower revenue in the first quarter of previous years accounted for more than one-third of the year, which was crucial for the whole year. The industry's loss is estimated to reach 10 billion RMB.

Source: www.sohu.com


Publication date: Wed 26 Feb 2020

2019年10月22日火曜日

10/20台風19号花き産地への被害

■世田谷花きFBが10月20日にまとめている。以下引用する。

----------
<台風19号による被害状況について>
10月20日現在で確認できた情報をお知らせいたします。
台風による被害をうけた皆様に心よりお見舞いを申しあげますとともに、少しでも早く平常に戻られますことを祈念しております。
【岩手県】
地域:一関市
産地名:JAいわて平泉南部園芸センター
品目:小菊・リンドウ
状況:ビニールハウスの一部に被覆の破れなどの被害が出ている。

【福島県】
地域:会津若松市
産地名:花職人Aizu 山内庄一郎
品目:草花類
状況:ダスティミラーシラスのハウスが三棟中二棟が水没。ユーカリも畑が増水により水没。両品目ともに出荷はかなり減る状況。

地域:いわき市
産地名:磐創 (小澤尚樹)
品目:ドウダンツツジ他
状況:作業場と作業用車両2台が水没。 当面出荷できない状況。

地域:いわき市
産地名:グリーンテック
品目:ドウダンツツジ他
状況:直接の被害は無いが、山道が土砂や倒木で山に入ることができず当面出荷ができない状況。

地域:本宮市
産地名:五百川清花園 鈴木清和
品目:枝物・草花類
状況:直接の被害は無かったが、阿武隈川氾濫による近隣の浸水被害復旧作業を行っているため出荷はしばらくできない状況。

地域:岩瀬郡鏡石町
産地名:マルイチ花材
品目:枝物・草花類
状況:グループ生産者のうち2名の圃場等が倒木により入れない状況。一部品目の出荷に影響がある。

地域:郡山市
産地名:JA福島さくら中田共選場
品目:枝物類
状況:アカシア・ユーカリで風害による葉傷みが出ている。また、須賀川の一部で圃場が冠水しているとのこと。現在被害状況を確認中。

【栃木県】
地域:日光市
産地名:武嶋花材 武嶋博英
品目:ドウダンツツジ
状況:林道や山道が崩れてしまい山に入ることができない。 今シーズンの出荷はできない状況。

地域:鹿沼市
産地名:ヤマネ屋 大貫雄司
品目:スプレーギク
状況:ハウスが土砂濁流の流入で甚大な被害。 今後の生産出荷については現時点で見通しがたっていない。

【茨城県】
地域:常陸大宮市
産地名:JA常陸大宮地区
品目:枝物類
状況:地域によって水没や道路の通行止めがあるため今後の出荷が不安定。

地域:神栖市  
産地名:JAなめがたしおさい波崎遠藤隆司
品目:千両
状況:15号で千両畑を囲んでいるがく屋に被害が出ている。19号での被害は現時点ではない。

地域:神栖市  
産地名:なめがたしおさい波崎篠塚孝雄
品目:千両
状況:圃場の直接的な被害は少ないものの、利根川下流部からの浸水被害が地域全体に及んでいる。

地域:神栖市  
産地名:石橋与左衛門
品目:千両
状況:15号での被害がかなり出ている。19号での被害は現時点ではない。

【千葉県】
地域:南房総市  
産地名:青木園芸
品目:アジサイ、レースフラワー、草花類
状況:一部ゼラニウム類に塩害が見られる。ハウスへの被害は無かった。
 
地域:南房総市  
産地名:折原園芸
品目:レースフラワー、草花類
状況:セージ、ミント類に塩害が見られる。ハウスへの被害は無かった。
 
地域:南房総市  
産地名:金井園芸
品目:ヒマワリ、レースフラワー、ダリア、草花類
状況:一部ハウス(150坪ほど)が損壊。ビニールが破けたところでは塩害がある。

地域:南房総市  
産地名:鈴木源八
品目:枝物、草花類
状況:塩害により露地作や山取りのものがダメになっている状況。
 
地域:南房総市  
産地名:隆生丸
品目:草花類
状況:ミント、ゼラニウム、セージ、アカバセンニチコウなどの露地物が塩害で出荷停止。

地域:館山市  
産地名:伊東花園
品目:草花類
状況:露地物が塩害で今後の出荷見通しが立てられない。
 
地域:南房総市/館山市  
産地名:沿岸の露地栽培生産
品目:草花類(キンセンカなど)
状況:塩害で年内の出荷見通しが立てられない。

地域:君津市
産地名:JA小糸経済センター
品目:カラー
状況:19号での被害は無かったが15号での被害復旧ができておらず、これからの出荷見込がたっていない。

地域:香取市  
産地名:JAかとり東庄
品目:千両
状況:15号では一部畑に被害が出ている。19号では大きな被害はない。

地域:旭市  
産地名:林園芸
品目:ガーベラ
状況:ハウスの一部で天窓が飛ばされる被害があり。台風15号でも被害が出ており出荷数量はかなり減る見込み。

【神奈川県】
地域:川崎市
産地名:馬光 田辺美裕
品目:枝物・草花類
状況:露地のコスモスが全滅。

地域:相模原市
産地名:内村喜彦
品目:枝物・草花類
状況:露地のコスモス、石化ケイトウが全滅。

【長野県】
地域:千曲市  
産地名:福島幸久
品目:バラ
状況:2ヶ所のハウスのうち1ヶ所が川の増水により水没。水没したハウスの今シーズン出荷ができなくなった。

地域:千曲市
産地名:fフラット降旗功、小平三幸、中曽根彰宏
品目:トルコキキョウ
状況:ハウスの一部が川の増水により浸水。 また、一部ガラスハウスのガラス割れている。
地域:千曲市
産地名:JAながのちくま上山田共選所
品目:トルコキキョウ
状況:ハウスの歪みなどの被害がかなり多く出ている。

地域:上田市
産地名:塩沢博信
品目:トルコキキョウ
状況:ハウスの大部分が増水により浸水。

地域:伊那市
産地名:JA上伊那
品目:トルコキキョウ
状況:ハウスの一部が風により被覆材が剥がれる被害あり。

【静岡県】
地域:伊豆市
産地名:仁藤農園
品目:トルコキキョウ
状況:ハウスの一部が増水により浸水。

地域:牧之原市
産地名:JAハイナン本店
品目:ガーベラ
状況:部会員2名のハウスが増水により浸水。 また、ビニルハウスの被覆に破損がある。
   出荷量は若干減る見込み。

地域:牧之原市
産地名:ADORE FLOWCA 山本勝重
品目:ガーベラ
状況:ハウスの一部が増水により浸水。栽培用のベンチが二列倒れる被害あり。
   一部品種の出荷が減る見通し。

------
<続報>台風15号による被害状況と復旧状況について
9/12(木)17:30現在
地域:千葉県旭市  
産地名:フルールセゾン
品目:キク類 
状況:風によりハウスの50%に被害が出ている。今後の出荷数量が激減する。
また、被覆材がかなりはがされており塩を含んだ風雨による塩害や茎の曲がりなどの影響が
出てくるものと見られる。
       
地域:千葉県南房総市  
産地名:青木園芸
品目:アジサイ、レースフラワー、草花類
状況:かなりの規模でハウスに甚大な被害が出ている。

産地名:折原園芸
品目:ヒマワリ、レースフラワー、草花類
状況:かなりの規模でハウスに甚大な被害が出ている。

産地名:松本華園
品目:カーネーション、ストック、草花類
状況:全てのハウスに甚大な被害が出ている。

産地名:隆生丸
品目:草花類
状況:ハウスに大きな被害がでており今後のハーブ類の出荷見通しが立てられない。

産地名:三和園
品目:カーネーション
状況:ガラス温室に甚大な被害がでており次シーズンの出荷見通しが立てられない。

産地名:三井花卉園
品目:カーネーション
状況:ガラス温室に甚大な被害がでており次シーズンの出荷見通しが立てられない。

地域:千葉県館山市/南房総市  
産地名:蘭佳舎(5件中千葉の2件)
品目:カトレア
状況:開花用のハウスに大きな被害が出ており今後の出荷数が減少する。

地域:千葉県館山市  
産地名:伊東花園
品目:草花類
状況:露地物のコスモスが風により倒伏。今後の出荷見通しが立てられない。

地域:千葉県富津市  
産地名:大佐和花卉園
品目:アンスリウム
状況:全てのハウスに甚大な被害が出ている。

地域:千葉県香取市  
産地名:咲いたファーム
品目:草花類
状況:露地物のキリンソウなどが風により倒伏。彼岸需要の出荷見通しが立てられない。

地域:成田空港周辺地区  
出荷者:各輸入商社
品目:輸入花材全般
状況:不通だった電気・水道が復旧したことで少しずつ従来の作業工程に戻り始めている。
一部地域でインターネットなどの通信環境が不通となっているため、入出荷データの受け渡しができない商社があり。

地域:埼玉県川口市  
産地名:榎原園芸
品目:草花類・枝物
状況:露地物のケイトウ、コニファー、桜が風により倒伏。

地域:埼玉県狭山市  
産地名:JAいるまの狭山
品目:枝物
状況:昨年に続き風によりユーカリ倒伏。

地域:埼玉県さいたま市/川口市  
産地名:赤山周辺産地
品目:草花類
状況:露地物のケイトウが風により倒伏。今後の出荷については確認中。

地域:神奈川県相模原市(津久井)  
産地名:内村喜彦
品目:草花類
状況:露地物のケイトウ、キリンソウが風により倒伏。今後の出荷見通しが立てられない。

地域:神奈川県小田原市  
産地名:柳川京信
品目:草花類
状況:露地物のケイトウが風により倒伏。キリンソウも風の影響で出荷数減。

地域:神奈川県川崎市(馬絹)  
産地名:馬絹地区生産者
品目:草花類
状況:露地物のケイトウが風により倒伏。冬~春の花木類については今後の経過観察で。

地域:茨城県古河市  
産地名:JA茨城むつみ三和
品目:バラ
状況:風による倒木でハウスが損壊。一部品種が出荷数量減になる見込み。


---9月9日FBより----
<台風15号による影響について>
本日未明より暴風雨をもたらした台風により千葉県各地で甚大な被害がでている状況が断片的に情報として入ってきておりますので、ここにお知らせいたします。
被害にあわれた皆様には少しでも早く平常に戻られますことを祈念いたします。

成田空港周辺輸入商社より
クラシック:停電と従業員の出社ができない状況。このため、水曜販売分の出荷の見込ができない。

旭市
フルールセゾン:キク類の生産ハウス50%に甚大な被害あり。

林園芸:生産ハウスの6割に甚大な被害あり。

南房総市
青木園芸:ハウスに大きな被害あり。
折原園芸:ハウスに大きな被害あり。
松本華園:全てのハウスに甚大な被害あり。
加藤洋蘭園:ハウスに大きな被害あり。
隆生丸:ハウスに大きな被害あり。

館山市
伊東花園:露地物のコスモスがすべて倒伏。

館山市/南房総市
蘭佳舎:千葉の2軒で開花用ハウスに被害あり。次回以降の出荷数に大きく影響。

富津市
大佐和花卉園:全てのハウス甚大な被害あり。

9月9日15:30時点での情報です。

2019年10月10日木曜日

10/1 花のトレンド2020 Black Tie + Barefoot décor.

■10月1日にフラワーダイアリー(蘭)が紹介していた。 → 原文を転載します


------

International Floral Distributors to release Flower Trends Forecast 2020 on October 1, 2019
Shifting flower preferences for 2020
Trends represent shifts in consumer preferences. Sometimes the shifts are huge and cut across almost all consumer profiles. Sometimes a trend is only actualized in a small portion of all consumers, but when the impact is large enough to cause a noticeable change in demand for the trend product(s), the trend is big and the impact wider. Flower Trends Forecast 2020 identifies the changes in consumer preferences impacting the most change in demand for cut flowers and floral décor.

Flower Trends Forecast 2020 has been prepared by Helen Miller, AIFD, CAFA, CF and Derek Woodruff, AIFD, CFD, CF, PFCI, AAF to highlight the changes in consumer predilections in floral products and décor. Both Helen and Derek are experienced in their understanding of the changing consumer and their evolving tastes in flowers and floral décor.

Flower Trends Forecast top trending flowers for 2020 are:
1. Peonies
2. Garden Roses
3. Ranunculus
4. Dahlias
5. Butterfly Ranunculus
6. Spray Roses
7. Chrysanthemum Disbuds
8. Tender Vines
9. Hydrangea
10. Tillandsia

Helen and Derek forecast the flower trend that will be most prevalent for weddings and events to be what they have entitled Black Tie + Barefoot. It is a décor style featuring moody colored flowers and soft feminine textures. The trend has a romantic feel and hints of a sophisticated bohemian style. The look is created using muted and muddy color flowers combined with lacy and airy foliages unexpectedly paired with dried flowers and tender vines. The color palette will be grayed tones of pink, lavender, blue and green with a heather-ish pink being the most prevalent. Roses, peonies, dahlias and a host of flowing vines will be most popular for creating Black Tie + Barefoot décor.



Though there are many attributes and factors that influence how and what consumers purchase, visual cues are the most influential. For flowers that means looking fresh! But beyond perceived freshness, the strongest and most persuasive visual cue is color. Knowing what color palettes are increasing in popularity can be found in Flower Trends Forecast 2020. The report details the color palettes for four trending styles expected to be popular in 2020.

When one thinks of trends in the floral industry, often the sole focus is on color or style. Some hot, upcoming trends in floral design for weddings and events include some unexpected items and pairings. Once thought of as completely separate elements, dried flowers, fresh flowers and live plants are all being used together in one cohesive styling. The trend is detailed in a style Helen and Derek have entitled; A New Leaf. The trend is immersed in nature and cut flowers are mixed with interesting plant materials, cut foliages and dried botanicals.

IFD will reveal more about trending flowers and floral décor for 2020, in their annual Flower Trends Forecast available October 1st, 2019.

For more information:
Jeff Lanman
International Floral Distributors