2017年6月4日日曜日

6/10(土)会津若松市内で講演会。

                                 2017年6月4日
会津の花作り生産者の皆様
                              会津MPS連絡会 菅家博昭
                                                   

       6月の勉強会のお知らせ
 大田市場仲卸 中央花卉 中谷隆敏さん
 「顧客とともに新しい商品を開発する
     ~沖縄の葉物を事例に~」

 去る5月31日に沖縄県恩納村で開催された太陽の花生産者大会に私も参加しました。その際、東京大田市場仲卸の中央花卉の中谷隆敏さんが講演されました。沖縄はコギクの大産地で、太陽の花も年間売上げは80億円、生産者500名です。
 しかしトルコギキョウ(リシアンサス)の生産が増えたり、熱帯植物の葉物の生産も増えています。中谷さんは太陽の花の執行部とともに、葉物の商品化に10年以上取り組み、その成果を今回、講演されました。
 これは、地道な店頭販売と、それを支える生産者側の品質維持など、私も2度ほど、沖縄の葉物生産者訪問に同行して実体験した経緯があります。
 たとえばタマシダは、長さは30~40cmほど、これは生産者は島内の各所より自生しているものを集めてハウス内に定植し管理しています。採花時には水を入れたバケツを持ち、切ったタマシダをすぐに根元から水に入れています。すぐに水が汚れるので、採花中にもかかわらず2~3回水を交換しています。
 台風による塩害(塩の雨がハウス内に吹き込む)にあうと枯れてしまいます。そうすると出荷が無くなりますが、それを中央花卉は店頭でていねいに説明をして復活してくるのを1ヶ月以上待ってもらっています。
 商品は、生産者だけではできません。販売する人、購入して利用される人たちが「顧客」として維持されることが最大の秘訣です(つまり固定客の開拓)。
 中央花卉が花や葉物で行ってきたことを沖縄の葉物の事例研究として、皆さんとともに勉強をしたいと思っています。是非、参加して下さい。
 中谷さんは会津田島の生産者2名の訪問のため6月10日に来県されるとのこと、以下のような会合を企画しました。

日時:2017年6月10日(土)午後6時15分より1時間。
場所:会津若松市栄町3番50号  電話:0242-22-4700
      会津若松市生涯学習総合センター【會津稽古堂】あいづ・けいこどう
      3階の研修室3(57人まで入れます) 参加費無料
   会場は6時10分からしか入室できませんので、1階ロビー等でおまち下さい。
   もとの市民会館です。会津図書館が2階で、3階が研修室になっています。
--------------------------
なお講演会終了後、会場付近で懇親会(情報交換会)を開催する予定です。参加人数により場所を確定いたしますが、現状では神明通りのハジャイ(会津若松市栄町1−20電話0242-27-5559 )を考えています。会費は1名4000円です。

出欠については、6月7日の午後1時まで菅家博昭までお知らせ下さい。
メール、ショートメール、ファクス等で講演会・懇親会の人数あるいは氏名をお知らせ下さい。
     菅家博昭090-2272-2780(ショートメール可能)
    kaken(あっとまーく)cocoa.ocn.ne.jp
  (カケン、、、)    
    ファクスは050-3588-0956
----------------------------

2017年5月30日火曜日

5/17 2016年卸市場売上 かすみ草

■2017年5月17日 日本農業新聞より

画像はクリックすると拡大します。




花き園芸新聞5月15日号↓





2017年5月26日金曜日

アルメニア(黒海東側)のかすみ草自生地

■2017年5月26日(金)
 
 FAJの長岡求さんらのアルメニア植物原産地視察に、JFMAの松島義幸さんが同行されている。黒海東岸のグルジア(現在ジョージアと表記)には奥会津の昭和村大芦から、カラムシ栽培管理に明治時代に渡航している。グルジアに隣接したアルメニア。
 
 → 松島さんのブログ5月23日

 現地の松島さんから25日12時20分に来たメールでは、5月23日の午後12時50分頃に、標高1515m地域の岩山で、カスミソウが自生していた、そうです。
 





2017年6月30日 セレクタのかすみ草講演会等(プチパール研究会)

■2017年5月26日(金)
 
 セレクタ・カットフラワーズ(スペイン バルセロナ)のジョルディ社長が来日され、会津地域に来られます。
 6月30日(金)午後3時~4時、大沼郡昭和村下中津川 昭和村公民館で、公開講演(無料)が予定されています(通訳・小縣信也氏)。かすみ草の世界各地の産地の現状と課題、セレクタ社のかすみ草品種の特徴などを解説していただきます。
 主催は、昭和村花き振興協議会(立川幸一会長、事務局は昭和村役場産業係)。
 ---
 なお同日午後7時より9時、会津若松市内で、ジョルディ社長・小縣信也氏と、かすみ草生産者等で、情報交換会(プチパール研究会、プチパールはセレクタ社の品種)を開催します。会場等は後日に確定します(菅家博昭まで)。
 
 


2017年5月19日金曜日

5/17 プチパールなどの新しい規格

■2017年5月17日、奥会津・昭和村野尻中向のしらかば会館で開催された会津みどり農協かすみ草部会の会議で、今季よりの新しい規格等が確定した。
 新品種プチパールやミヨシ等の試作品種の短茎種の規格は40cm、50cm、60cm。前処理剤STSはクリザールかすみSC(におい抑制トリートメント)の30倍液を推奨。
 
  → 会議の様子       →会議の様子(写真)
 

2016年10月18日火曜日

11/18宇田明先生、カスミソウ講演会(福島県郡山市待池台1の12福島県ハイテクプラザ)


■2016年11月18日(金)午後1時から4時まで、カスミソウの花き講演会が開催されます。これまで農業技術センター(試験場)等での開催でしたが、磐梯熱海から郡山市に入る東側(喜久田)の福島県ハイテクプラザです。福島県花き振興協議会主催で、10月末まで県庁園芸課宛 事前申込で、どなたでも聴講参加できます。



 福島県郡山市待池台1の12 福島県ハイテクプラザ 


基調講演:「強い花き生産者になるには ~これからの福島県の宿根かすみ草栽培に期待すること」 兵庫県淡路島 宇田花づくり研究所 宇田明 先生

最新品種紹介「各種苗会社より」住化農業資材・ミヨシ・フクカエン・カネコ種苗

県内事例発表:JA会津よつば かすみ草部会 立川幸一部会長

福島県のかすみ草の試験研究:大竹真紀専門研究員

 ----------

■私は11月15日より出張不在のため参加できませんが、宇田先生の講演ですので、皆さん是非参加下さい。

2016年5月8日日曜日

カスミソウ、絶やさない=最盛期・母の日前に―被災農家、出荷に全力・熊本

カスミソウ、絶やさない=最盛期・母の日前に―被災農家、出荷に全力・熊本
時事通信 5月6日(金)4時46分配信

 熊本県のカスミソウ農家が、地震で被災しながら懸命に出荷を続けている。

 同県が生産量全国一の「宿根カスミソウ」は、小さな白い花を咲かす。花束を彩り、カーネーションなどの主役を引き立てるのに欠かせない存在で、「母の日」を控えた今が出荷のピークだ。

 菊陽町のカスミソウ農家阪本俊浩さん(58)は、「水が止まってひやひやした」と振り返る。約30年前から栽培を続け、妻朋子さん(53)と長男貢紀さん(20)と共に計14棟のハウスで汗を流す。2008年には県の品評会で農林水産大臣賞を受賞した。

 4月16日未明に襲った本震。ハウスに損傷はなかったが、用水路の損壊による氾濫を防ぐため水門が閉じられ、花に供給する水が絶たれた。「品質が落ちてしまう。早く流れてくれ」。祈る気持ちのまま、大雨の際にためた雨水を使い急場をしのいだ。

 一部の水門が開いたのは同30日。量は少ないが、ようやく地震前と同様に花に水をやることができた。出荷に影響は出ず、阪本さんは「不安だったけど、何とかなって良かった」と話した。

 大津町の農家林田茂さん(62)は、本震で自宅の屋根瓦が落ちるなどの被害を受け、カスミソウに水をやるためのポンプも停電で動かなくなった。出荷不能の恐れもあり、電力会社に何度も復旧見通しを尋ねた。幸い、17日夕には復旧し、収穫作業を再開できた。妻の弘子さん(63)は、「母の日の前は出荷の最盛期。枯れなかったのは幸運だった」とほっとした様子で語った。 


   → 引用原典 2016年5月6日

2016年4月5日火曜日

ケニアかすみ草急落

■ 2016年4月4日のウェブニュースのフローラル・ダイアリー(英文)によると、オランダ花市場はかすみ草が供給過剰のようです。14ヘクタールのかすみ草農園は出荷の75%を抑制しているようです。 市場安だと国際的に流通が進みます。 →  ケニアのかすみ草価格が40%急落している。
   
 

2016年2月27日土曜日

2016年6月21日の午後、東京都内・法政大にて次世代の花の品質管理・流通セミナーを開催

■本日午前、JFMA(日本フローラルマーケティング協会)の海下展也さんから、連絡があり、先に理事会で協議していた6月21日(火)の午後、都内・法政大にて開催されるJFMA国際セミナーのオランダからの専門家招聘について、確定した、というものです。

Mr Tjerk van der Schaaf (切花のポストハーベストの専任)
Mrs Josien van Spingelen (鉢物のポストハーベストの専任)

この2名の方が講演されます。現状としては無料講演会となる予定です。

詳細はJFMAが内容について告知をすることになりますが、

MPSの加盟者には別途連絡が行くと思います。

また、国内のかすみ草生産者・団体・研究機関の皆さんにも、お声がけする予定です。都内で是非、6月21日はお会いしましょう。夜の懇親会は会場内で開催する予定(懇親会のみ有料)。

私のほうで所持しているかすみ草の全国生産者の学習会参加団体の皆さんには連絡をする予定です(4月)。6月22日以降の産地視察(会津)も対応できるように考えています。

 

2015年12月24日、栃木県鹿沼市 岩井生花